カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠したら生ものを食べたらだめって本当?食べたらどうなるの?

妊娠・出産

妊娠したら生ものを食べたらだめって本当?食べたらどうなるの?

%E3%81%AA%E3%81%BE

よく妊娠すると生ものはやめなさいと耳にしますが、なぜなんでしょうか?
生ものが好物だったり、急に食べたくなる方もいますよね。

なのに我慢しないといけないのでしょうか?

今回は妊娠と生ものについてまとめてみました。

本当に食べたらダメ?

決して絶対禁止ではありません。それでは、日常で口にしていた生もの=危険物ですよね。

しかし、生ものは加熱をしない状態のものなので、殺菌ができません。
つまり、微量の細菌も体内に入ってしまうのです。

普段であれば全く問題のない量ですが、妊娠中はとにかく免疫が低下しています。

そのため、その細菌に負けてしまったり、胎児に影響が出てしまうこともあるので控えましょうと言われているのです。
また、1週間に80g程度であれば問題ないという研究結果も出ているようです。

 

実際どんな細菌が潜んでいるのか

海鮮だと水銀、生卵だとサルモネラ菌、生ハムだとリステリア菌などがあります。
これらを食べる際は、可能であれば加熱調理をしましょう。
もし難しければ、少量のみの摂取であれば問題ありません。

悪阻中は海鮮などのさっぱりしたものなら食べられる!という方もいます。
このときも海鮮なら食べられるからといって毎日食べなければ安心して大丈夫でしょう。

 

温かい緑茶で殺菌作用

よくお寿司屋さんに行くと温かい緑茶がペアですよね。
お寿司に合う!和物同士だから!という理由もありますが、実は緑茶には殺菌作用があるようなんです。

とはいえ消毒液ではないので微々たるものです。
なので、生ものを食事したら温かい緑茶を飲むと安心材料になるかもしれません。

 

妊娠したから食べたらだめ!!なんてことはありません。
量を調整し、工夫すれば安心して食べることができます。

また食中毒や体調不良は生ものだけが原因ではありません。
他の食材にも共通事項なので、きちんと加熱をし、安全な食生活を送りましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: みぃまむさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中の生活に関する記事

妊娠中だからこそ気をつけたい!妊婦の冬冷え対策は食べ物、着るものが大事!

妊娠中に冷えがあるとつわりがひどくなる、腰痛や便秘が起きやすい、お腹が張りやす...

冬の妊婦さんに必須のコートの選び方♪素材・ゆとり・丈が重要なポイントです!

冬に妊娠後期を迎えると、一般的なマタニティウェアにプラスして、コートも必要と...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

妊娠中の生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る