カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 予防 >
  5. プリン体0・糖質0は本当に痛風対策になる?きちんと知っておきたい痛風対策商品のシンジツ

生活習慣病

プリン体0・糖質0は本当に痛風対策になる?きちんと知っておきたい痛風対策商品のシンジツ

53200ed6ac84617bac5e9dbb34f90e25_s.jpg

プリン体0・糖質0のビールは痛風が気になる人の味方ですよね。ですが、プリン体0・糖質0のビールはそんなに手離しに喜べるものなのでしょうか?

ビールからプリン体・糖質を抜くということ

プリン体0・糖質0のビールというのはつまり、ビールからプリン体・糖質を抜いたということですね。ではビールからプリン体を抜くとどうなるのでしょうか?

 

そもそもプリン体というのは、旨味成分です。ビールから旨味を除けば当然ながら、「おいしくなく」なります。
おいしくないものはいくら健康によくても、誰も買いませんよね。そのため無くなった旨味成分を何か代替物で補う必要があるのです。

そして糖質は甘み成分ですよね。それがビールから無くなれば当然物足りなさを感じます。これもなくなった甘みを補う成分が必要なのです。
 

何で補っているのかが問題

問題になってくるのは、プリン体がなくなった分、糖質がなくなった分を何で補っているのかです。

 

補っているものというのが、調味料や、酸味料、甘味料などの添加物です。
添加物の中には日本では規制されていないけれども、欧米では規制されているものなどもあります。
あるいは発がん性の可能性、肝臓にダメージを与える可能性があるものも、代替の添加物として使用されることがあります。
 

そもそも問題はビールだけにない

単にビールを避ければ、痛風発作を避けられるというのは違います。

 

ビール自体は確かにプリン体を含んでいますが、それよりもおつまみの方が、プリン体が多かったりします。
また、アルコールとの相乗効果で痛風に悪影響がある点は、気にしなければいけないかもしれません。

しかしだからと言って、ビールだけが痛風における悪と考えるのは、問題を小さく考えすぎと言えます。
 

プリン体0・糖質0は免罪符にならない

痛風が気になっているという方は、どこかで「痛風対策をしています」という免罪符が欲しい気持ちがあるのでしょう。
しかし、こうした添加物ばかりを食べているのが、本当に健康のためになっているのでしょうか?ただの自己満足になっていないでしょうか?
商品の宣伝文句を鵜呑みにせず、知識をつけて商品を選ぶ必要がありますね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

痛風予防にコーヒー

  痛風を予防しようとすると食事制限や体重管理など、それ自体がストレスになりそ...

痛風に鍼灸治療と食事療法!

   痛風とは、プリン体の代謝異常によって血中の尿酸が過剰に増加して、尿酸...


痛風予防にクエン酸!

  クエン酸というと、最近は洗剤に含まれる成分というイメージが強いのではないで...

厳しい食事制限は嫌!好きなものを食べたい!忙しい!そんな人の痛風予防には『サプリメント』もおすすめ

  食生活がどんどんと豊かになり、食の選択肢も増えてきた現代では、痛風患者は増...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る