カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. 身長・体重 >
  6. 背を伸ばすには毎日牛乳を飲む…はウソ!?子どもの身長を伸ばす本当の方法

育児・子供の病気

背を伸ばすには毎日牛乳を飲む…はウソ!?子どもの身長を伸ばす本当の方法

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

「牛乳をたくさん飲めば背が伸びる」と昔からなんとなく当たり前のように思っていますよね。

しかし、牛乳が苦手で飲んでくれない子もいます。牛乳を飲まないと背は伸びないのでしょうか?

この記事では、子どもの身長を伸ばすには、本当に牛乳を毎日たくさん飲めばいいのかどうか、ということについてまとめました。

牛乳が背を伸ばすと思われてきた理由

牛乳には、身長を伸ばすために必要なカルシウムが豊富に含まれています。

そのため、カルシウムをたくさん摂取すれば背が高くなると信じて毎日飲んでいる人も多いでしょう。

 

じつは、日本には初めから牛乳が普及していたわけではありません。
北欧から、乳・乳製品は伝わりました。

そして、牛乳の消費量が多い北欧人は背が高いために、「牛乳を飲めば北欧人のように背が高くなる」と信じられてきたのです。

 

しかし、実際には、牛乳を飲み続けても身長が伸びるわけではないのです。
もちろんカルシウムは必要な栄養素ですが、牛乳以外でも摂取できますので、牛乳にこだわる必要はありません。

 

子どもが牛乳が苦手で飲まなくても、それが原因で背が伸びない、ということはありませんので安心してください。

 

では、背を伸ばすためには、何を摂取すればよいのでしょうか?

 

カルシウムよりもたんぱく質が重要!

じつは、身長を伸ばすために一番重要な栄養素はたんぱく質です。

たんぱく質は、肉・魚・大豆・卵・チーズなどに含まれていて、骨をつくる役割をしています。

カルシウムは、そのたんぱく質でつくられた骨を硬くします。

もととなるたんぱく質を十分に摂取することが必要なのです。

 

たんぱく質の摂りすぎは肥満になりやすい

しかし、たんぱく質には脂肪も含まれており、摂取しすぎると太りやすくなるので注意が必要です。

比較的、脂肪の少ない魚・卵・大豆をメインに食べさせるといいでしょう。

 

バランスのよい食事にする

身長を伸ばすために必要な栄養素は、たんぱく質・カルシウムの他に、亜鉛・マグネシウムがあります。

 

亜鉛は、ピーナツやゴマに含まれています。
幼児にピーナツは、のどに詰まる危険がありますので、ゴマを食べさせるとよいでしょう。

マグネシウムは、ほうれん草や木綿豆腐に含まれています。

ほうれん草のごまあえは、亜鉛とマグネシウムを摂取できるのでおすすめですよ。

牛乳も飲ませたかったら

牛乳が苦手な子どもでも、比較的に飲みやすいのがココアミロです。

カフェインが含まれているのでは?と気にされる方もいるかと思います。ココアミロには、わずかですが、カフェインが含まれています。

 

しかし、幼児用ココアとして1歳半前後から飲めるものもありますし、ミロも同じくらいの月齢から飲めるとされています。
少量のカフェインなら気にならない、という方は、牛乳より飲みやすいので試してみてください。

 

毎日牛乳を飲むことが、身長を伸ばすことではない、ということがわかっていただけましたか?

食べ物で幼児の身長を伸ばしたいなら、たんぱく質を中心にバランスよく食事をさせてみてください。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

身長・体重に関する記事

幼児期こそ肥満に注意!将来メタボにならないために注意してあげたいこと

脂肪細胞は幼児期に作られて、大きさは変わっても、数が減ることはありません。そ...

混同しやすい「肥満細胞」と「脂肪細胞」!幼児の病気と肥満について

「肥満」になると、「脂肪」が多くなる。幼児の時の食生活が将来の「肥満」につなが...

身長・体重の体験談

2歳半の足のサイズ

そろそろ新しく靴を買い替えようと靴屋でサイズを測ってもらいました。 すると、14.0cmでした...

難しい!靴サイズ変更のタイミング

子供の成長は嬉しいですが、衣類を管理する立場としては時々バタバタと焦る事があります。 この前まで着...

カラダノートひろば

身長・体重の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る