カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

難治性の下痢?脱水症状に気をつけて

9b94ca13f943cbeacd26f2d996e9b994_s.jpg 

難治性下痢とは、様々な理由で下痢が長く続くことを言います。赤ちゃんの下痢は脱水症状につながることもあるので注意が必要ですね。

原因の有無

難治性下痢は、原因が明らかな場合と明らかではない場合があります。では、明らか原因はどのようなものなのでしょうか。例えば、水分がうまく身体に吸収されなかったり、食べ物などの栄養素が、消化できなかったり、ほかには、先天性の病気で下痢が起こることもあります。先天的に消化器官が欠陥していることもあり、赤ちゃんが下痢を起こすときは、沢山の原因があるので、可能な限り、早めに病院にいって、一度診てもらうと安心できます。

 

ゆるゆるうんちなのかしら?

赤ちゃんの下痢というと、ゆるゆるのうんちを思い浮かべます。赤ちゃんの便はゆるいことが多いのですが、下痢だと、すぐにわかるほどゆるゆるになります。先天的な欠損があったりした時の下痢は、尿と区別がつかないほどの下痢になることもあります。

先天的な病気だと、生後数日以内に下痢の症状が現れます。難治性下痢の症状としては、下痢のほかに、体重増加不良や栄養障害、成長障害などがあります。下痢状態が長く続くと、重い感染症にかかったり、貧血などにもなりやすくなります。

食べものからのアレルギーのような下痢だと、湿疹や喘息も起きることがあります。食べ物からの下痢の時には、まずは原因究明してその食べ物を排除することが必要です。

 

脱水症状に気を付けましょう。

赤ちゃんが下痢になると、栄養療法や脱水症状にならないように点滴を行ったりします。まずは、家でも脱水症状にならないように気を付けていかなくてはなりません。下痢をすることで体の中の水分が奪われるので、いつも以上に水分補給を心がけます。イオン水などは身体への吸収も良いので、下痢の時には使用するのがいいでしょう。

そして、おしりのケアをしていきます。下痢だとおしりがかぶれるので、真っ赤になってしまい、赤ちゃんがかわいそうです。なるべくぬるま湯で洗い流すようにして、清潔なお尻を保ちましょう。

 

難治性の下痢は長く続くので、体に負担がかかります。親として、水分補給、お尻のケアはしっかりとしてあげましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳児難治性下痢に関する記事

乳児の重い下痢~乳児難治性下痢~と診断された場合の対処法

生まれて間もない赤ちゃんの下痢が続くと、とても心配です。 乳児の下痢の中に...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

乳児難治性下痢の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る