カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 腹部・消化器の病気 >
  5. 乳頭不耐症 >
  6. 乳糖不耐症、乳糖アレルギーは治るの?

育児・子供の病気

乳糖不耐症、乳糖アレルギーは治るの?

25d72704880156a51f4cfd904d27909d_s.jpg 

ミルク育児をしている赤ちゃんに多いのですが、突然下痢が始まり、病院に行くと、乳糖不耐症と言われることがあります。いつまで乳糖を避けていけばいいのでしょうか。

乳糖不耐症とは

乳に含まれる乳糖はラクターゼという消化酵素で分解されて体に吸収されます。しかし、乳糖不耐症となると、ラクターゼが不足して、乳糖が分解できずに、下痢を起こしてしまいます。

先天的だと、生まれつき、体の中にラクターゼが少なく、産まれてからずっと母乳やミルクをあげるごとに下痢をしています。後天的だと、ウイルスに感染して、胃腸炎をお越し、ラクターゼが減ってしまうことで起きます。

大人になってから、ラクターゼが減ることが多く、子供の頃は平気だったのに大人になったら牛乳を飲むと、下痢をしてしまうという人も少なくありません。

 

治療法はあるの?

治療法としては、まずは、乳糖を防ぐことです。ミルクをあげている場合は、乳糖不使用のミルクが売っているので、それに変えることで下痢の症状が落ち着きます。

少し下痢が落ち着いてきたら、普通のミルクを薄めて、乳糖不使用のミルクとまぜてあげて、だんだんと、普通のミルクに戻していきます。

平均的には、長くても1か月程度で治ることが多いです。しかし、乳糖不使用のミルクは、普通のミルクの約2倍の値段がするので、長引くと、大変になります。早くよくなるためにも、医師に相談しながらミルクの配分などをしていくと良いでしょう。

 

赤ちゃんの乳糖不耐症は治る場合がほとんど

乳糖不耐症になったのが、赤ちゃんの時だとすると、だいたいが少しの間乳糖不使用のものに変えるだけでよくなります。それに比べて大人になってから乳糖がだめになると、なかなか治りにくくなります。

乳糖不耐症はいきなりなることもあるので、もしも、下痢になってしまったら、すぐに病院に行って医師の指示に従いましょう。ドラッグストアなどで乳糖不使用のミルクは手に入れることが出来ます。

乳糖不使用のミルクだからと言って栄養が足りないということはないので、治るまでは乳糖不使用のミルクに頼って問題はありません。赤ちゃんの乳糖不耐症はよくあることなので、そんなに重く考えなくても大丈夫です。

 

赤ちゃんが突然、乳糖不耐症になったら、この先どうしたらいいのかと悩んでしまいますよね。でも、だいたいが短い期間で治るのでゆっくりと治していきましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳頭不耐症に関する記事

赤ちゃんが母乳を飲めない!?乳糖不耐症になってしまったらどうするの?

赤ちゃんは生まれるとすぐに母乳やミルクを飲みますね。 赤ちゃんはこれが自分...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

乳頭不耐症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る