カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 頭部・脳・神経の病気 >
  5. 髄膜炎・脳炎 >
  6. どんな症状があったら髄膜炎を疑う?3大症状・乳幼児の症状・進行したときの症状

育児・子供の病気

どんな症状があったら髄膜炎を疑う?3大症状・乳幼児の症状・進行したときの症状

 e7d477b4246fa547e72c2976eb47553d_s.jpg

髄膜炎は脳に発症する病気です。脳という場所柄、そこに炎症が起こるのはちょっと怖いですよね。特に子どもに起こることを考えると避けたい病気です。
 

子どもに起こる髄膜炎

髄膜炎は乳児や幼児に多く見られる病気です。この炎症は細菌やウイルスなどによって引き起こされます。
特に細菌によって引き起こされる髄膜炎は、場合によっては死亡したり、後遺症が残ることが多いです。
 

早くに気づきたい髄膜炎の症状

死亡するケースもある髄膜炎ですから、とにかく早期に発見し、病院に連れて行くことが必要です。

 

では髄膜炎になったらどのような症状が見られるのでしょうか?
髄膜炎には大きく二つの種類に分けることができます。
ひとつが無菌性髄膜炎(ウイルスのことが多い)と、細菌性髄膜炎(細菌が原因)です。無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎では共通する症状が多いので、分けずに症状をご紹介します。

こんな症状は髄膜炎を疑え!

お子さんにこんな症状が出たら、髄膜炎かもしれないと疑ってかかりましょう。

38℃以上の高熱

激しい頭痛

嘔吐を繰り返す

この3つが髄膜炎の3大症状と言われています。ただ、大人の場合はこうした症状はよく見られるのですが、乳幼児の場合ははっきり見られないこともあります。

というのも乳幼児の場合、自分の症状を表現するのが難しいのです。そのため、乳幼児の場合は以下のような症状もチェックしましょう。

 

機嫌が悪く泣き続けている

ミルクをあまり飲まない

食べない・食べても吐く

ぐったりしている

異常なほど興奮している

手足の冷え

肌の色が普段と違う

頭頂部(泉門)が腫れ出て固くなる(6ヶ月前の場合)

そして病気が進行すると以下のような症状が見られることもあります。

けいれん

意識障害(意識がはっきりしないなど)

首の痛みで首を前に曲げられない・うなじの硬直

症状が進行すると呼吸や脈拍、血圧などのバイタルサインへの注意も重要です。

判断が難しい髄膜炎の症状

これらの症状は風邪の症状としても見られますし、胃腸炎の症状としても見られます。乳幼児ですと熱性けいれんとも似ていますよね。
特別髄膜炎に特徴的という症状がないため、実際に判断が難しいところがあります。
ですから、少しでも普段と違う症状を感じたら、病院に連れて行くのがベストと言えそうです。
(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

髄膜炎・脳炎に関する記事

子どもが頭を強打!頭蓋内出血かも…受けるべき検査・入院の基準

体の中で出血が起こるというのは、何とも怖いものがあります。それが脳だったら、...

後遺症が残る可能性も!子どもを襲う急性脳症をできるだけ「予防」する方法とは?

   子どもの頃の病気によって、後遺症が残るというのはときどき耳にします。今小...

病気と症状の体験談

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

突発性発疹やノロウイルス。子供たちがかかった病気

我が家の二人の娘たちがかかった病気について書いて行きたいと思います。 ほとんどの赤ちゃんがかか...

カラダノートひろば

髄膜炎・脳炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る