カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 腹部・消化器の病気 >
  5. 臍ヘルニア(出べそ) >
  6. 赤ちゃんはよくでべそになる!?臍ヘルニアとは?

育児・子供の病気

赤ちゃんはよくでべそになる!?臍ヘルニアとは?

021f330d4c85eaf758adb74748b21dfe_s.jpg  

赤ちゃんのうちに出臍になることはよくあります。しかし、自然に治ることがほとんどなので、見守っていきましょう。

 

出べそと臍ヘルニアは同じ?

出臍というのは、臍の奥から結合組織がポコッとでています。立った状態でも仰向けに寝ても形が変わりません。おなかのなかとつながっているわけではないので、簡単な手術で治すことができます。

一方、臍ヘルニアは、お腹の中とつながっています。仰向けに寝ると引っ込むのも特徴の一つです。出臍よりも、手術時間もかかります。腹水や腸が出てこないように注意が必要です。

 

どうして臍ヘルニアになるの?

赤ちゃんとお母さんをお腹の中でつないでいるものを臍帯と言います。臍帯はへその緒の事です。へその緒は、産まれてから切り離します。臍には皮膚や筋肉がくっついていたら一度へこんでいきます。これがうまくくっつかないと腸が出てしまい、でべそになります。

おへそは生後1ヶ月から3ヶ月の間に膨らんでいきます。臍ヘルニアは5人から10人に1人の割合で起きるので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

臍ヘルニアは、自然に出たり引っ込んだりして、触ると柔らかいです。

 

自然に治るの?

生後3か月頃になると、おなかの筋肉が着いてくるので、そのころには治っていきます。95%以上の子供が1歳までには自然に治ると言われています。よくガーゼでおさえたり、テープでおさえるといいと言われることがあるのですが、実際には、かぶれたり、臍がじくじくしてしまうので、そういったことはしないほうがいいでしょう。

 

中には臍ヘルニアに圧迫療法が行われます。臍ヘルニアを圧迫して固定します。小児外科のある病院で行っているので、乳児のうちに早く治したいのであれば病院に行くこともお勧めです。

 

1歳を過ぎてもよくならない時は、手術を行います。1歳を過ぎてしまうと、形の良いおへそにするのは難しく、手術するかしないかは小児外科で相談して決めたほうがいいです。

 

もし、産まれてから少したって臍ヘルニアかもしれないと思ったら、病院に一度行くのがいいでしょう。おそらく、自然に治ると言われることが多いので、そこまで心配せずに見守っていきましょう。

 

 

(Photo by:写真AC

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

臍ヘルニア(出べそ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る