カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. おうちの中の危険ポイントから赤ちゃんを守ろう!ドア・お風呂・洗面所編

育児

おうちの中の危険ポイントから赤ちゃんを守ろう!ドア・お風呂・洗面所編

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

寝返りをしたり、動けるようになってくる頃からは、おうちの中にも危険ポイントはいっぱい出てきます。
赤ちゃんが動き回っても大丈夫なおうち環境になっていますか?

 

今回は、おうちの中でも、ドア・お風呂・洗面所における赤ちゃんの危険ポイントについて、まとめてみました。

ドアの危険から守ろう

ずりばいをするようになる頃からは、ドアに指を挟んだり、ママについていこうとして体を挟んだりする危険があります。

ドアストッパーやクッションを使って、ドアがバンっと閉まらないようにしておくと安心です。

 

つかまり立ちができる頃には、ドアを自分で開けられるようにもなってきます。
ドアに指を挟む危険性が増えるとともに、玄関のドアを自分で開けて外へ出て行ってしまうことも!
子どもが部屋の中にいるときは、鍵をかけておくようにしましょう。

また、鍵の開け方を見ていていつの間にかできるようになっていることもあるので、油断は禁物です。

玄関に行けないように、手前に柵をしておくこともよいでしょう。

 

お風呂の危険から守ろう

お風呂場では、転倒に注意しましょう。
また、浴槽に落ちてしまわないように気をつけてください。
浴槽に、水が10センチあっただけでも、溺れてしまう可能性があります。

また、シャワーをひねって出してしまうことも。
それが熱湯であったら、やけどの危険性も出てきます。

お風呂場の入り口は、入れないように閉めておくことが一番よいでしょう。

また、もしもお風呂場に入ってしまった時でも、浴槽に落ちることのないように、踏み台になりそうなものは置かないこと、浴槽には蓋をしておくことが必要です。

お風呂場の洗剤も、赤ちゃんの手の届かないところにしまっておきましょう。口に入れてしまう危険性があります。

 

洗面所の危険から守ろう

洗剤や、洗顔料などを口に入れてしまわないように気をつけましょう。
踏み台を置いておかないようにして、赤ちゃんの手の届かない場所にしまっておいてください。

洗濯機は、中に落ちてしまう危険があります。
洗濯かごをよじ登って、洗濯機の中に入ってしまう子もいるようです。洗濯かごもしまっておくと安心ですよね。

 

トイレも、フタをしておくことと、洗浄用のブラシや洗剤は口に入れてしまう危険があるのでしまっておくことが大切です。

 

 赤ちゃんは、「まさか」と思うようなことをするものです。
「もしかしたら危険かも」と少しでも思う箇所は、どんどん対策をしておきましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

事故予防・安全に関する記事

避難所で赤ちゃんを落ち着ける工夫!段ボール1つでできる、簡易チェア&ベッド

赤ちゃんは大人の空気を読む必要はありません。けれど、震災の被害にあったとき、...

はいはい期の赤ちゃんに危険な家の法則とは?あなたの家は大丈夫?

はいはいをし始めた赤ちゃんは、好奇心のかたまりです。 いろいろなものに興味...

事故予防・安全の体験談

4ヶ月で寝返りはじめ、ベッドから転落‼︎

あれは4ヶ月を過ぎた頃でした。少し前からうつ伏せをよくするようになり、まだそんなに動けないのに「フン...

毎晩欠かさず生存確認

息子を出産したクリニックから、退院時にプレゼントされた聴診器です。 私が出産したクリニックでは、赤...

カラダノートひろば

事故予防・安全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る