カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 室内 >
  5. おうちの危険ポイントから赤ちゃんを守ろう!リビング・キッチン・寝室編

育児・子供の病気

おうちの危険ポイントから赤ちゃんを守ろう!リビング・キッチン・寝室編

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%  

赤ちゃんにとっては、おうちの中にも危険ポイントはたくさんあります。

今回は、おうちの中でもリビング・キッチン・寝室における危険ポイントをまとめてみました。

リビングの危険ポイントから守ろう

テーブル

角でゴチンとぶつけてしまう危険性があります。
コーナークッションなどを利用して、角が痛くないようにしておくとよいでしょう。

つかまり立ちをする頃になると、テーブルの上にあるものにも手が届くように!

テーブルの上に、口に入っては困るもの(お金・電池・タバコなど)は置かないようにしましょう。

コンセント

赤ちゃんは、コンセントの穴が気になってしまうんです。指を入れて感電してしまう危険があります。
コンセントカバーなどで対策しましょう。

 

また、床がフローリングなどで固い場合は、転んだときに頭を打っても大丈夫なように、プレイマットを敷いておくとよいでしょう。

 

キッチンの危険ポイントから守ろう

キッチンには、包丁やコンロなど、危険ポイントがとくにたくさんあります。

引き出しやキャビネットを開けられるようになってくると、中にしまっておいたとしても、勝手に開けて触ってしまうことも考えられます。

・引き出しやキャビネットにはロックを付けておく

赤ちゃんが開けられないように対策をしておきましょう。

 

そして、キッチンには入れないように、もともとキッチンの入口にガードの柵をしておくと一番安心です。

 

寝室の危険ポイントから守ろう

布団などでの窒息の危険があります。やわらかい布団はなるべく使わないようにし、顔が覆われないように注意してください。

また、ぬいぐるみやタオルでも赤ちゃんの鼻や口を塞いでしまう可能性があります。
頭元はすっきりと何も置かないようにすると安心です。

 

寝返りができるようになる頃から注意が必要なのは、ベッドからの転落です。
ベビーベッドや大人のベッドに一人で寝かせている時には、柵を使用して落ちないようにしておきましょう。

長時間目を離さないように、常に赤ちゃんの寝ている姿を確認してくださいね。

 

赤ちゃんは毎日成長しています。昨日できなかったことが今日はできるようになっていたり…。
その分おうちの中での危険ポイントも増えていきますので、毎日赤ちゃんの成長を見守ることとともに、おうちの環境を見直してください。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

室内に関する記事

【1歳-1歳6ヶ月頃】たっち~あんよ時期の赤ちゃんにおすすめの室内環境の作り方

赤ちゃんによって個人差はありますが、1歳になるころにはたっち、あんよができる...

気をつけて!ハイハイ時期の安全対策 子どもの危険な行動を未然に防ごう!

赤ちゃんがハイハイするようになると、ねんねの頃に比べて行動範囲がかなり広がり...

室内の体験談

4ヶ月で寝返りはじめ、ベッドから転落‼︎

あれは4ヶ月を過ぎた頃でした。少し前からうつ伏せをよくするようになり、まだそんなに動けないのに「フン...

赤ちゃんと犬との生活

我が家には2匹のチワワがいます。長男とわんこ達の過ごし方にとお互いのスペースについて。試行錯誤しまし...

カラダノートひろば

室内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る