カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 溺れたとき >
  5. 赤ちゃんの事故!お風呂・トイレなどで溺れた場合の対処法

育児・子供の病気

赤ちゃんの事故!お風呂・トイレなどで溺れた場合の対処法

%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%82%83%E3%

赤ちゃんが溺れるなんて、プールか海で目を離すからじゃないかしら、と思われることが多いですが、実は毎日100人もの赤ちゃんが「家庭内」で溺れて亡くなってしまっているのです。

赤ちゃんは10センチの深さがあれば、溺れることができてしまうものなのです。

 

お家で目を離したすきに…なんて事が決してないように、どんな風に気をつけることができるかをご紹介します。

 

一番事故が多いのは「お風呂場」

お家で水のあるところと言えば、「お風呂」です。

お風呂は毎日入る所なので、あかちゃんにとってひとりでも抵抗があまりないといえます。

お風呂場におもちゃがあることもありますよね。

浴槽にふたがしてあっても、軽いものはあけてしまうことがあります。

また、洗面器に水がたまってしまっていても危険です。

 

お風呂場での事故を防ぐには

家庭内で一番事故が多いのがお風呂場です。毎年お風呂場で溺死してしまう赤ちゃんは多いそうです。

未然に防ぐためにも、お風呂場のドアはしっかり閉めておきましょう。

そしてできればバスタブの水は抜き、10センチ以上の水深のものがないようにします。



トイレ・洗濯機にも注意して!

この他にも注意が必要なのは「トイレ」です。
便器に顔を突っ込んでしまうこともあります。

そして「洗濯機」も注意が必要です。
誤って洗濯槽に入ってしまったり、気づかずに洗濯機をまわしてしまったりという事故も実際にあるのです。


子どもが溺れていた場合の対処法

もし溺れてしまった子どもを発見したとき、大声で泣いているか、水をはいているかがをチェックするのは重要なポイントになります。

大声で泣いていて意識もハッキリしているときはさほど心配はありません。
様子をしっかりみて自宅で安静にしてください。

飲み込んだ水を吐いている場合は、うつぶせにしたり、背中をさすったりして吐かせますが、意識があるなら無理にはしなくていいでしょう。
赤ちゃんが落ち着いたところで病院を受診しましょう。

 

もしも水に浮いているところを発見した場合、引き上げ、意識があるかどうかを確認します。

意識があれば同じように水をできるだけ吐かせます。服を着替えて、体を温めて落ち着かせましょう。

その後は呼吸や意識を頻繁に確認し、異常がでてきたら病院を受診するようにしましょう。

意識がない場合は、119番に通報し、救急車が到着するまでに心肺蘇生法を行って待ちましょう。

 (Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

溺れたときに関する記事

慌てずに!子どもが溺れた時の応急処置

  子どもの事故で多いのが、水遊びや入浴中の事故です。溺れてしまった時に慌...

浅いプールやお風呂で起こる水の事故を防ぐには!~子どもの水難事故~

 実際に、海や川で遊んでいる子供が溺れたというニュースは毎年たくさん聞きます...

ケガ・応急処置の体験談

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

カラダノートひろば

溺れたときの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る