カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 危険!赤ちゃんの誤飲事故…たばこ・洗剤を飲み込んだときの対処法

育児・子供の病気

危険!赤ちゃんの誤飲事故…たばこ・洗剤を飲み込んだときの対処法

%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%82%83%E3%
赤ちゃんは、はいはいやタッチができるようになると、世界が広がり、いろいろな所に行って、いろいろなものに手を出すようになります。
それは赤ちゃんにとってとても大切なことです。

子どもを安全に育てるには、危険なものを赤ちゃんの手の届かない場所に置くことが基本ですが、もし万が一飲み込んでしまったときの対処法をご紹介します。

飲み込んでもそれほど危険ではないもの

小さなもの、紙やクレヨン、線香などはそれほど心配ありません。
口の中のものは、手でできるだけ取り除き、子どもの状態をしっかり見ておくようにしましょう。
咳が止まらなかったり、呼吸が苦しそう、顔色が悪い…など目でみて様子がおかしいことがあれば、医療機関を受診しましょう。

そして、とても大きな問題になりかねないのが、「たばこ」と「洗剤などの薬」です。

たばこを飲み込んだとき

たばこも赤ちゃんにとっては気になるもの。
容赦なくお口に入れます。タバコは大人にとっても有害なのはよく知っていると思いますが、赤ちゃんにとっては致死的な商品です。

口に入れたと分かった時点ですぐに病院へ向かいましょう。
口に入れたから!と思って、急いでそのタバコを薄める目的で牛乳や水を飲ませてしまうと、逆に体が吸収してしまうので危険です。

また、水にタバコがつかっていて、その水を飲んでしまった場合、ニコチン中毒になる可能性があり、とても危険です。
すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。
 

洗剤を飲み込んだとき

もうひとつ、危険なのが洗剤です。
どこのお家にも必ずあるもので、また赤ちゃんもお母さんが使っているのをみて興味を持ちやすいようです。

台所の洗剤などは中性のため、様子を見ている程度でいいでしょう。
洗濯洗剤を飲み込んでしまった場合は、水や牛乳を飲ませて胃の中の薬品を薄めるようにしましょう。

濃縮タイプの洗剤を多量に飲んでしまった場合は様子をしっかり見るようにし、ぐったりしたり顔が青白くなってきたら、急いで医療機関を受信しましょう。
動き回れるようになった赤ちゃんのことは、できるだけ目を離さないようにしてあげてくださいね。

(Photo by:pixabay

著者: ゆきまるさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

転んだ!切った!赤ちゃんの怪我…出血したときはどうする?正しい対処法

毎日遊ぶ赤ちゃんは、毎日がけがと隣り合わせです。どんなに目を離さなくても、歩...

転んだ、やけど、噛まれた、虫刺され…赤ちゃんや子どものケガの応急処置のしかたまとめ

赤ちゃんや子どもにケガは付き物です。 机にぶつけてしまった!転んですり傷を...

ケガ・応急処置の体験談

生後2か月ソファからの転落

私の不注意で二ヶ月のとき息子がソファーから落っこちてしまいました。うちは完母なのですが、その頃なぜか...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る