カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 生後0-5ヶ月!ねんね~寝返りのころのお出かけ時の暑さ対策

育児・子供の病気

生後0-5ヶ月!ねんね~寝返りのころのお出かけ時の暑さ対策

%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%82%83%E3%

赤ちゃんのお洋服を着せるときは大人マイナス1枚、とも言われていますが、環境の変化もあり、おとなでも服なんてきていられない!という気温が続くことがありますよね。
熱中症や脱水症も気になる所です。
そんなとき、赤ちゃんと一緒におでかけ、ということがあればどうすればいいのでしょうか。

暑すぎるし、今日はゆっくりしていようなんて、毎日は言っていられませんよね。
海も、山も、公園も、プールも、夏だからこそ行きたいものです。
ここでは、気軽にできるお出かけ時の熱さ対策をご紹介します。

ベビーカーの中は思っているより暑い!

ベビーカーでお出かけをするときは、お母さんが思っているよりもベビーカーの中は蒸し風呂のように熱くなっています。

 

「暑い」とは口では言えない赤ちゃんだからこそ、お散歩をめいいっぱい楽しめるように、ちょっとした工夫が必要です。



夏のお助けアイテム「保冷剤」

まずは「保冷剤」。

とても手軽で使い勝手もよく、繰り返し使えると赤ちゃんもお母さんも助かりますよね。

 

うすいタオルに巻いて持たせてあげてもいいですし、背中や首の所に挟んでおいてあげるだけで、体感温度はかなり下がります。

じっとおとなしくお散歩を楽しんでくれますね。


車でお出かけ♪ 注意点は?

では、車でお出かけをするときにはどんなことができるでしょうか。

まずは、乗せるときのポイントです。
大人でもあつい車に乗ると苦しくなってしまいますよね。
ほんの1、2分でいいのでクーラーをかけて、温度と湿度が下がった車内に入れてあげることが赤ちゃんには理想的です。

また、最近は、チャイルドシートにかける「冷却スプレー」なるものも販売されているそうです。
また、おなじみサのンシェードも効果的です♪


クーラーに頼りきりはNG

部屋でクーラーをかけっぱなしなのは、実は成長期のこどもにはあまりよくないのです。
汗をかく機能が発達する時期でもあるので、暑い所にもいて、汗をかかさせることが必要です。
だからこそ、お外に連れて行ってあげることも大切なのですね。

(Photo bypixabay  

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

0~3ヵ月に関する記事

ベビーカーのハンドルは荷物掛けに便利だけど使っていいの?

ベビーカーのハンドルはちょっとした荷物かけにとても便利です。でも便利だからとい...

生まれてから100日でする「お食い初め」…赤ちゃんの様子は?具体的にどんなことをする?

赤ちゃんが産まれると、あっという間に時間が過ぎていきますよね。そのあっという間...

0~3ヵ月の体験談

どきどきの飛行機 ~生後2ヶ月編~

生後間もない赤ちゃんにとっては、室内に居ることが基本。 1ヶ月検診での移動は緊張するものでした。 ...

児童館ってどんなとこ?

1ヶ月検診のとき、保健師さんに「最近は、公園デビューではなく、"児童館デビュー"って言われてますよ」...

カラダノートひろば

0~3ヵ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る