カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 斜視 >
  6. 赤ちゃんと子どもの「斜視」って何?問題点は?予防方法も知りたい!

育児・子供の病気

赤ちゃんと子どもの「斜視」って何?問題点は?予防方法も知りたい!

うちの子、目の動きがおかしくないかな…。

育児に心配事はつきないですよね

 

目の動きは視覚だけでなく、印象にも大きな影響をあたえます。

ですから、なおさら気になると思います。

 

ここでは、斜視についてご紹介します!

 

斜視とは

まっすぐ正面を向いているにもかかわらず、片側の黒目が内側や外側にずれている状態を斜視といいます。

 

生後まもない赤ちゃんは、目を動かす筋肉や視力が未発達で、目の位置が安定していないのが普通です。

生後2~3ヶ月くらいになると、じっと見つめたり、物を目で追うことが少しずつできるようになり、6カ月ぐらいまでで黒眼の位置もほぼ安定します。

 

大人と同様に、両目でしっかりものを見る力が完成するのは6歳ごろですので、そこまでに斜視のほとんどが見つかります。

 

斜視の問題点

斜視で片方の目の位置がずれている場合、ずれているほうの視力が発達せずに弱視になることもあります。

逆に、片方だけ極端に視力が悪いと、その目が使われずに斜視になることもあります。

さらに、遠近感や立体感をつかむ両眼視機能の発達障害も起こりえます。

 

斜視には、網膜芽細胞腫や視神経萎縮など、重大な病気が隠れている場合があります。

斜視かどうか不安なときも含めて、眼科を受診しましょう。

 

赤ちゃんにはよくある偽内斜視

赤ちゃんは目と目が離れており、黒目の内側の白目が見えにくく、鼻の根本が低くて広かったりします。

そのため、なんとなく斜視に見えることがあります。

 

これは偽内斜視と呼ばれるもので、赤ちゃんにはよくあります。

成長に伴い顔立ちがはっきりしてくると気にならなくなりますし、目の機能にはなんの影響もありません。 

 

子どもの斜視を予防する方法はあるの?

子どもの50人に1人は体験するのが斜視です。

斜視を予防するための方法を見ていきましょう。

 

斜視の予防方法「観察」

斜視の予防方法のひとつが観察です。

子どもがどんな風にものを見ているか、というのは滅多に観察したことがないかもしれません。

一度どんなふうに目を動かしているかを観察してみてください。

 

生後4か月くらいで目はものを追うことができるので、そこでしっかりと動く物体を追えているかをまずはチェックしてください。

その後も定期的に、ものを見るときに黒目の位置が対象物に向かっているかをチェックしてみましょう。

 

その結果、どちらかの黒目が常に内側に寄ったり外側に寄ったりしている場合は、斜視の可能性が高いです。

 

斜視の予防方法「検診」

乳幼児には合計8回の健診があります。

その他にも病院に行く機会は多いはずです。

斜視かもしれない、弱視かもしれないと思った時は、病院に行って検査を受けてください。

弱視になりかけている、斜視になりかけている状態からであれば回復も早いです。

 

斜視の予防方法「生活」

たとえば調節性内斜視の場合は、屈折の問題(視力の問題)を解決することで斜視も改善します。

 

ですが、暗い所でゲームをしたり近くばかり見ている生活で、再び近視が起きると、再び斜視になる可能性もあります。

生活にも気を配って斜視を予防しましょう。 

 

<Photo by //pro.foto.ne.jp>

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

斜視に関する記事

もしかしてうちの子ども、斜視?斜視の特徴・見極め方

斜視は子どもの2%という高い割合でみられる病気です。 もしかして、うちの子...

子どもが斜視と診断された時、治療法と注意点について

斜視とは、片方の目が正面を向いている時に、片方の目が別の方向を向いてしまう状...

斜視の体験談

斜視の疑い?小児科医に言われ眼科へ。結果は問題なし

娘が「目が寄っているように見えるね」と小児科医に言われたのは4か月の頃でした。 赤ちゃんが目が寄っ...

次女:3歳児健診と成長記録

3歳児検診では体重や身長ともに順調でとても安心しました。 言葉も達者で問題もなく、「しっか...

カラダノートひろば

斜視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る