カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 環境・リズム >
  6. 夜中のギャン泣きで眠れない!夜泣きの原因とママができる対処法

育児・子供の病気

夜中のギャン泣きで眠れない!夜泣きの原因とママができる対処法

baby-408262_640.jpg

一度泣きだすとなかなか泣き止まない夜泣き。
あまりにもギャンギャン泣かれるとママも泣きたくなってしまいますよね。
赤ちゃんはなぜ夜泣きをするのでしょうか。夜泣きの原因と対処法をみていきましょう。

夜泣きの原因

あまりにもギャンギャン泣くので「どこか痛かったり体調が悪いのでは」と心配になってしまいますよね。
それほどすごい夜泣きですが、原因はまだはっきりとはわかっていません。

・「赤ちゃんは泣くのが仕事」

よくこう言いますが、赤ちゃんは昼間だって泣いているのだから夜泣くのもおかしなことではないという考えもあります。

・睡眠サイクルが未熟なため

人間は浅い眠りと深い眠りを繰り返しますが、赤ちゃんはまだ未熟なため、浅い眠りのときに目が覚めてしまい、夜泣きをするとも考えられています。

また、知能が発達してきて寝ている間に情報処理を行うため、昼間のさまざまなできごとが夢にでてきて、夜泣きをするとも言われています。

夜泣きの対処法

夜泣きの原因がわかっていないため確実な対処法はありませんが、いくつか効果のある対処法を紹介します。

・生活のリズムをつくる

起きる時間、昼寝の時間、寝る時間を決めてあげることで生活のリズムができてきます。
起きるのは6時~7時半、昼寝は13時~15時までの長くて1時間半に。
寝るのは20時~21時半が理想です。

・朝起きたら太陽の光を浴び、夜は部屋をしっかり暗くする

明るくなったら起きて暗くなったら寝るというリズムを覚えさせましょう。
朝起きたらカーテンを開け太陽の光を浴びさせ、夜は早めに電気を消して部屋を暗くしましょう。
昼間はお散歩をするのも効果があります。

・体をあたためる

体が冷えていると寝付きが悪くなります。
特に下半身をしっかり温めてあげましょう。夏も冷房などで冷えるので寝るときは気をつけましょう。

夜泣きはいずれ終わります

夜泣きはとってもツラくママも疲れてしまいますがそのうち終わりはきます。
大変だとは思いますがこれも赤ちゃんの成長のひとつと思って頑張りましょう。

(Photo by:pixabay

著者: meg...さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境・リズムに関する記事

乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐためにできること

   乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、乳幼児が何の予兆もなく突然死に至ること...

気をつけたい夜泣きにひそむ病気…普段の夜泣きと違いがないかチェック!

子育てにおいて必ずおとずれるといってもよい、子どもの「夜泣き」。 夜泣きの...

環境・リズムの体験談

夜間、動く息子。冷え対策

1ヶ月ごろからでしょうか。手足に力が付いてきて器用に布団をはぐようになりました。 この寒いのに・・...

赤ちゃんの生活リズム&昼夜の区別をつけるコツ

新生児の頃は昼夜が関係無い赤ちゃん。そこからどうやって昼夜の区別が付いていったか、どのように寝かしつ...

カラダノートひろば

環境・リズムの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る