カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. お風呂 >
  5. 赤ちゃんもママも洗える洗浄料でラクラク♪「弱酸性」洗浄料の注意点

育児・子供の病気

赤ちゃんもママも洗える洗浄料でラクラク♪「弱酸性」洗浄料の注意点

%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%9C%E3%

赤ちゃんをお風呂に入れるとき、大人の洗浄料とは別に、ベビー用の石鹸やボディソープを用意して赤ちゃんを洗っているご家庭も多いと思います。

 

ところで、こうした赤ちゃん用の洗浄料は大人も使えるものがあるということを知っていますか?

 

ここでは赤ちゃんもママも使える洗浄料について、調べてみました。

シンプルな成分構成のものは大人にもおすすめ

赤ちゃん用の石鹸やボディソープを選ぶ際には、成分表をチェックするようにしましょう。

赤ちゃん用の商品は大人用のものに比べシンプルな成分構成になっています。

 

また無添加であることも重要です。
赤ちゃん用の商品には「無香料、無着色、鉱物油無添加、アルコール・エタノール無添加……」などなど、「無添加」という言葉がたくさん書いてあります。

 

こうした「無添加」という言葉が多いものは、赤ちゃんはもちろん、大人にも使えます。

特に乾燥肌の大人の方にはおすすめです。

優しい洗い上がりでつっぱらないので、お顔やデリケートゾーンにも最適です。

 

「弱酸性」洗浄料の注意点

通常人間の肌は「弱酸性」です。対して石鹸は「アルカリ性」です。

 

石鹸で洗った後は肌にどうしてもアルカリ性の石鹸成分が残ってしまうのですが、その指令を受けた脳が肌を弱酸性に戻すために皮脂の分泌命令を出します。

 

そして皮脂が分泌され、元の弱酸性に戻る……というメカニズムをお肌は繰り返しています。

この皮脂によってできた膜は保湿作用があり、肌を乾燥などから守ってくれています。

 

ところで、よくCMなどで「家族全員で使える」「弱酸性」の洗浄料が宣伝されているのをご存知でしょうか。
「赤ちゃんにも優しい」などとうたわれています。

 

確かにもともとのお肌が「弱酸性」なら、同じ「弱酸性」の洗浄料を使うのは肌に安心なような気がします。

 

ですが、実は「弱酸性」の洗浄料がお肌に残ったままだと、脳が皮脂を分泌しなくなり、お肌が乾燥しやすくなるというデメリットがあるのです。

 

乾燥肌の方の場合は、洗浄料はアルカリ性の物を選んだほうがいいでしょう。

 

サンプルを試してお肌に合ったものを使いましょう

一口に「赤ちゃんもママも使える洗浄料」といっても、選択肢も商品も多種多様にありますので、迷ってしまいますよね。

 

口コミを参考にするのもいいですし、いろいろなメーカーで試供品を配ってくれています。
筆者もいろいろなところでいただいた無料サンプルなどを使っていました。

まずは試供品などを家族全員で試してみるといいでしょう。

 

家族全員で「これはいい!」と思えるような洗浄料に出会えるといいですね。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂に関する記事

お風呂はパパ担当♪赤ちゃんのお風呂は毎日パパの帰宅後21時過ぎでもOK?

ほぼ毎日おこなう赤ちゃんの入浴。パパと赤ちゃんが入浴してくれれば、何かと忙し...

たくさん動く8か月児!お風呂上がりの水分補給はどうしてる?何なら飲んでも大丈夫?

  生後8ヶ月にもなると、離乳食を開始している人がほとんどなのではないでしょう...

お風呂の体験談

ママ1人でお風呂どうやって入れる?我が家の入浴方法

パパの帰りが遅く、子どものお風呂をママ1人で入れるという人少なくないと思います。 みなさんはどうや...

2人育児!2人いっぺんにお風呂に入れる我が家のやり方。

我が家の子どもは2歳と0歳の二人。 パパは帰りが遅いので、お風呂はわたしが一人でいれます。 これ...

カラダノートひろば

お風呂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る