カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 大腸がん >
  4. 症状 >
  5. 大腸がんの術後の後遺障害について

ガン・悪性腫瘍

大腸がんの術後の後遺障害について

 

大腸がんは早期ならば手術によって高い確率で完治が望めます。

しかし、直腸がんの場合は手術によってしばしば後遺症が残ってしまうことがあります。

切除可能ながんでも進行しているものは術後補助化学療法をうけますので、後遺障害を理解しながらのケアが重要になります。

 

どんな後遺障害が表れるか            

○排泄障害

下痢便秘が起こりやすくなるうえ、便をためておく機能が阻害されてしまうために頻便傾向も表れます。

がんが直腸の下のほうであればあるほど障害の程度が強く、肛門を温存できない場合はストーマ(人工的な肛門)を造設することになります。

 

○排尿障害

リンパ節郭清によって排尿機能を司る骨盤内の神経が傷ついてしまうと排尿障害が表れることもあります。

尿意を感じにくいとか尿漏れがあるとかの障害のほか、重度になると自己による排尿ができなくなります。

その場合は自分でカテーテルを使って尿を出す自己導尿を行う必要があります。

 

このような後遺障害は日常的なストレスになるだけではなく自尊感情が傷つけられてしまうことが多いです。

そのため、医療者と話し合って共に対策を考えていくことが生活の質を向上させるためにも重要になります。

 

 

医療者は患者の排泄に関する小さい悩みにも配慮する心を持たなければなりませんね。

 

 

 

(Photo by //www.photo-ac.com/main/detail/3471?title=&c_id=7)

著者: albaitinさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

大腸がんに初期症状はほんとんどない!?どうやって気付けばいいの?

    食生活の欧米化に伴って、年々増えている大腸がん。1日も早く発見するた...

欧米型食事と高齢化の影響で急増中!大腸癌の症状と治療法とは

罹患者数で2位、死亡者数で3位のガン大腸癌は近年、罹患者数、死亡者数とも増加...


密接なストレスと大腸がんの関係!大腸は打たれ弱い??

ストレスという用語は、もともと物理学の分野で使われていたそうですが、現在は精...

早期に治療すれば完治可能?!大腸がんの初期症状を知って早期発見しよう!

    大腸がんなどのがんは早期発見すれば、現在の医学ならば殆ど完治します。...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る