カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. お風呂 >
  5. 沐浴やお風呂でお湯が耳に入ると中耳炎になるって本当?赤ちゃんとのお風呂の注意点

育児・子供の病気

沐浴やお風呂でお湯が耳に入ると中耳炎になるって本当?赤ちゃんとのお風呂の注意点

%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E8%

病院で沐浴指導を受けたりときや、育児書などで赤ちゃんをお風呂に入れる手順をみたときに、「片手で新生児の頭を支えながら、お湯が耳に入らないように指で耳をふさぐ」というようなことを習ったり書いてあったりすると思います。

 

「耳にお湯が入ると中耳炎になるからかしら?」と思ってなんとなく納得してしまいますが、本当に沐浴やお風呂でお湯が赤ちゃんの耳に入ると中耳炎になってしまうのでしょうか?

お風呂でお湯が入っても中耳炎にはならない!

実は沐浴やお風呂で耳にお湯が入っても中耳炎にはならないのです。

中耳炎は鼻から入ってくるばい菌によって引き起こされる病気なので、耳にお湯や水が入ることはまったく関係がないのです。

 

むしろ沐浴やお風呂でお湯が入ってしまったからといって綿棒で無理やり掻きだそうとすると、かえって耳の中を傷つけてしまうおそれがあります。

 

耳にかかった、入ったお湯は外からそっとガーゼや綿棒でぬぐうだけで大丈夫です。

 

なぜ耳をふさいで沐浴するの?

ではなぜ沐浴のときの指導や図解の写真などでは赤ちゃんの耳をふさいでいるのでしょうか?

 

実は赤ちゃんの頭を片手でしっかり支えるときには、親指と中指で両耳をふさぐようにがっちりとつかんだほうが安定するので、自然と耳をふさぐような手の置き方になっているわけです。

 

大きいパパなどですと自然とこうなりますが、手の小さいママなどが沐浴させるときに赤ちゃんの耳まで指が届かず耳をふさげなくても問題はありません。

 

耳をふさいでお湯が入らないようにすることはそれほど重要なことではないので、ふさげなくてもしっかり頭を支えることができていればOKです。

 

耳の周辺を洗い忘れないように注意しましょう

耳をふさごうとすることに集中しすぎて、赤ちゃんの耳周辺を洗い忘れないように注意しましょう。
耳の裏側や、外耳を優しくガーゼでぬぐってあげてくださいね。

入浴後は優しく綿棒や乾いたガーゼでぬぐってあげることも忘れずないようにしましょう。

 

沐浴や入浴時に赤ちゃんの耳を必ずしもふさぐ必要はありません。指が届かない場合は無理にふさごうとせず、気楽にリラックスして臨みましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂に関する記事

湯冷めに気をつけて!冬の入浴は、準備を完璧に!

  小さい子どもをお風呂に入れることは、ママやパパにとって一つの大きな作業だと...

何歳から?子どもがお風呂に1人で入るタイミング!どんな時が1人立ちさせる目安になる?

 沐浴から始まってずっと我が子と一緒にお風呂に入ってきたママ・パパですが、就学の...

お風呂の体験談

2人育児!2人いっぺんにお風呂に入れる我が家のやり方。

我が家の子どもは2歳と0歳の二人。 パパは帰りが遅いので、お風呂はわたしが一人でいれます。 これ...

お風呂大っ嫌いからお風呂に慣れるまで

新生児の頃、沐浴するとほわ~と気持ちよさそうな顔をし、お風呂好きで良かったねーなんて安心していたので...

カラダノートひろば

お風呂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る