カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 皮膚・肌トラブル >
  5. アトピー性皮膚炎 >
  6. 乳幼児の肌トラブル!アトピー性皮膚炎と診断されたら…親ができる対処法

育児・子供の病気

乳幼児の肌トラブル!アトピー性皮膚炎と診断されたら…親ができる対処法

%E8%BB%9F%E8%86%8F.jpg

子どもの関節や胸、くびなどに赤いかさかさがあらわれ、かゆそうにしているので小児科や皮膚科で相談したところ「アトピー性皮膚炎」と診断された…。

 

ここでは子どもがアトピー性皮膚炎と診断された場合、どのような治療をしていくのか、また親は何に気をつけたらいいのかについて記載していきます。 

 

基本は保湿をして対処する

まずは入浴後の保湿が重要です。 

白色ワセリンやヒルドイドソフトといった保湿剤を入浴後に塗るようにしましょう。

 

こうした保湿剤はお医者さんでも処方されますが、ドラッグストアや薬局などでも購入できます。 

家族全員アトピー肌という場合には白色ワセリンの大容量のものを購入し、家族で使うこともできます。 

 

保湿したあとはステロイド薬を塗ります

こうした保湿剤を塗ったあとは、ステロイド薬を塗りましょう。 

ステロイド、というと副作用が心配な方も多いと思いますが、子ども用に処方されるものは比較的弱いタイプのステロイドが多いので安心してください。

 

ただし塗るときは薄く塗るようにしましょう。 

病院で塗り方や一回の適量を教えていただけます。

 

幼児以降ですと、かゆくてかくのが止まらない…という場合も出てきます。 

そのようなときはステロイド薬を塗ったあとに亜鉛華単軟膏という消炎作用のある軟膏を塗った包帯などを巻きつけると、しだいにかゆみが和らいでいきます。

または抗ヒスタミン作用のある飲み薬の服用も有効です。 

 

日常生活で気をつけること

アトピー性皮膚炎の子どもの大敵は「乾燥」です。 

乾燥するととたんにアトピーが悪化してかゆくてたまらなくなることが多いので、乾燥させないために、お風呂上りの保湿は欠かさないようにしましょう。

 

また体温があがるとかゆみが増すので、就寝前の体温が高くなったときはかゆさが増して辛くなってしまいます。 

就寝時は薄めのパジャマを着せ、完全に寝入ってから布団をかけてあげるようにしましょう。

 

夜中にかゆがったときにすぐ薬を塗るのも効果的です。 

上記で触れた亜鉛華単軟膏などを枕元に常備しておきましょう。

 

子どもがアトピー性皮膚炎になった場合は医師に相談し、不必要にステロイド剤を怖がらず、適切な塗り薬治療をおこなっていきましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アトピー性皮膚炎に関する記事

生後2ヶ月頃から出てくる乳幼児のアトピー性皮膚炎の症状・治療法

子どもの皮膚に赤いぶつぶつやジュクジュクとした湿疹ができて、かゆがっている....

アトピー性皮膚炎の体験談

皮膚科のセカンドオピニオン・信じられないくらい良くなりました

我が家の次女、3歳3ヶ月 全身にアトピーと思われる湿疹が出て ずっと皮膚科に通っていたのですが ...

肌がカサカサしているのはアトピーが原因でした。

10ヶ月の息子の顔や手足や体に湿疹のようなものができることがたまにあり、時間が経ってカサカサした状態...

カラダノートひろば

アトピー性皮膚炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る