カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 皮膚・肌トラブル >
  5. 生まれながらに色素を持たない「白皮症」ってどんな症状?見た目以外の症状とは

育児

生まれながらに色素を持たない「白皮症」ってどんな症状?見た目以外の症状とは

a0001_017138.jpg

突然変異の白いカラスを見たことがありますか?

 

カラスに限ったことではありませんが、動物において、色素を持たない個体が生まれることがあります。それは人間においても起こることです。 

 

肌が白い「白皮症」とは?

動物の毛色などが白い個体をアルビノと呼んだりします。 

人間における白皮症も、アルビニズムやアルビノと言われることがあり、同じようなことが起こります。 

白皮症は先天性の疾患のひとつです。

 

生まれた時から体にあるはずの色素、つまりメラニンを生成する能力が備わっていません。 

それによって見た目ですぐにわかるような症状が起こります。 

 

白皮症の症状とは? 

生まれつきの病気なので生まれた時からその症状が顕著に見られます。 

白皮症という名前ですが、決して皮膚だけが白くなるということではありません。体の至る所で、あるべき色素が欠如します。 

そのため外見的な症状としては、以下のような症状が見られます。 

 

・毛髪が白、あるいは金、薄い茶色

毛髪が特に目立ちますが、まつげなどの体毛もすべて薄い色になります。 

 

・皮膚が乳白色

あるいは色素がないために血管が透け、ピンクがかって見えることもあります。

  

・目の虹彩が淡い青色、あるいは淡褐色、無色

虹彩が無色になる場合には、目の奥を流れる血液が透けるので、赤色に見えます。見た目から大きな特徴がありますが、白皮症の症状はこれだけではありません。色素がないということは、見た目と共にその他の症状も引き起こします。

  

・紫外線に弱い

メラニンは紫外線を吸収してくれる働きをしています。 

そのメラニンがないということは、紫外線の影響をモロに受けてしまうということです。 

紫外線があたっても赤くなるだけで、黒くはなりません。 

また、年齢を重ねていくと中年以降に、皮膚がんが発生することがあります。

  

・視力への影響

眼は光が入ってくることによってモノを見ますが、色素が欠けている目は通常のように光を受容できません。 

それらの原因によって以下のような症状が起こることがあります。 

 

羞明(しゅうめい:光をまぶしくかんじる)

視覚障害あるいは失明

乱視

眼振(無意識で起こる急速な眼球運動)

斜視

 

また特殊なケースとして、出血傾向の症状を伴ったり、感染症を繰り返す症状が見られることもあります。 

 

命に関わる病気ではないが…

白皮症は進行していく病気ではありません。 

そのため白皮症によって直接命が奪われるということはありませんが、光に対抗する力が少ない分、こうした症状が出てしまいます。 

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚・肌トラブルに関する記事

子どもにできる扁平母斑(茶あざ)の特徴とは?茶あざが多い場合の注意点

扁平母斑という言葉をご存知でしょうか。耳慣れない言葉ですが、母斑とはいわゆる...

子どもに茶色いあざが…!扁平母斑と診断された場合の治療法

子どもにカフェオレのような茶色いあざが見られる場合、それは「扁平母斑」の可能...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

皮膚・肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る