カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 種類 >
  5. 血液のがん「急性白血病」の化学療法はどういう順序で行われる?

ガン・悪性腫瘍

血液のがん「急性白血病」の化学療法はどういう順序で行われる?

 

白血病は造血細胞が腫瘍化した病気で、末梢血に通常では見られない未分化の白血球が出現します。

リンパ節や骨髄、肝臓、脾臓など様々な臓器への浸潤を伴い、貧血好中球減少リンパ球減少血小板減少などの造血機能障害を起こします。

 

急性白血病では次のような順序で化学療法が行われます。

 

①寛解導入療法

白血病細胞の骨髄と末梢血からの消失、骨髄の造血機能の回復、末梢血の正常化を目的として強力な化学療法を行います。

 

②地固め療法

検出できないがまだ多く残存している白血病細胞の根絶を目的として強力な化学療法を通常3回程度繰り返します。

一般的に寛解導入療法の後、骨髄が回復するのを待ってから開始され、患者さんによりますが回復期間は1か月から1か月半程度であるとされています。

 

③維持療法

わずかに残存したと想定される白血病細胞の再増殖による再発を抑制し、寛解機関を延長するための化学療法です。

 

④強化療法

白血球の完全な撲滅をはかるために1~2か月ごとの定期的に化学療法を行います。

 

 

この中でも維持療法と強化療法は必ずしも行われるとは限りません。

地固め療法までは全ての患者さんに行いますが、維持療法以降は再発のリスクや病型などを総合的に判断して行われるかどうか決定されます。

 

 

 

(Photo by //www.photo-ac.com/main/detail/3860?title=&c_id=7)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

原因不明?原発不明がん

    原発不明がんとは臨床的に注意深い全身検査や経過観察を行っても原発...

50種類以上に分かれる軟部肉腫!痛みがないしこりに要注意!軟部肉腫とは?

  ガンが出来る部分は臓器だけではなく胸膜や腹膜などの膜(膜に出来たガンを悪性...


家庭の医学「骨髄性増殖性疾患」とはどんな病気か知ってますか?

  骨髄性増殖性疾患とは耳慣れない病名ですが、どのような病気なのでしょうか...

がん細胞は異常増殖して浸潤・転移する!がんについての基礎知識

  よく重い病気として知られるがんですが皆さんはがんについてどれくらい知っ...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る