カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 皮膚・肌トラブル >
  5. 単純性血管腫 >
  6. 赤アザに最も効果的なレーザー治療!治療の方法や皮膚の移り変わりをくわしく!

育児・子供の病気

赤アザに最も効果的なレーザー治療!治療の方法や皮膚の移り変わりをくわしく!

59e9f16e661a4d5fca455ede1ac76d52_s.jpg 

顔に大きなアザがあると、いわれなき偏見を持たれることもあります。ただ、今は医療技術も発達しており、効果的にアザなどを治療する方法があります。

消えない単純性血管腫

単純性血管腫というのは、生まれながらにできる赤アザを特徴とする病気です。

男児よりも女児に発生しやすく、顔や首といった目立つ場所にできやすいです。
さらにこの赤アザは基本的に消えていくことはありません。そのため、早い段階から治療を受けさせようという親御さんも少なくありません。
 

単純性血管腫をレーザーで治療する

この赤アザの治療法として主流なのが、色素レーザーによる治療です。

 

赤アザになっている部分は、毛細血管の脈管が形成異常を起こしています。
その部分を破壊して赤アザを改善するのです。ではこの治療法について具体的に見てみましょう。

レーザー照射>

レーザーは、照射時にある程度痛みがあります。その痛みは照射時間によって変わってくるもので、時間を数分に限れば無麻酔での治療が可能です。
ただ通常は、麻酔テープや局部麻酔をした下で治療を行います。

ただし、目などのデリケートな部分や広範囲にわたる治療などの場合は、全身麻酔の方が適していることもあります。

レーザー照射後の皮膚の移り変わり>

レーザーを照射した場所は、照射直後には灰青色になります。

そして24時間後には、黒色あるいは赤黒色に変わります。

この状態は、1週間ほど続きますが、次第に黒さが元の色に戻っていきます。その戻る過程で元々の赤アザも薄くなっていきます。
また、レーザー治療から1週間くらいは、照射した場所に軟膏を塗り、保護テープをします。これによって皮膚の再生を早めてくれます。

色の変化は12ヶ月程継続し、それくらい経たなければ治療効果を実感できません。

照射回数>

アザの大きさ、場所(目の近くや、皮膚の薄い・厚い)、色の濃さなどによって治療の回数に違いがあります。
通常は数回から十数回で色が薄くなります。

場所による効果の違い>

一般的に顔面や首にできるものは7080%の有効率とされています。
しかし、四肢、特に下肢に生じたものに対しては効果が得られにくい傾向があるようです。
 

気にならなければ治療しなくても

症状の出方によっては、ある程度化粧で隠すこともできます。
それでも大丈夫で、気にならないというのであれば、積極的に治療をする必要はありません。

また、レーザー治療の他に冷凍療法、電気凝固法、放射線療法などの方法があります。ただこれらの方法は副作用も大きく、現在は選択されません。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

単純性血管腫に関する記事

生まれながらにして持つ「赤アザ」治療はどのように?どのタイミングで治療するべき?

  アザは誰にでもできます。ただ、「消えないアザ」というと誰にでもできるもので...

赤アザ症状だけじゃない!病変を伴うケース・単純性血腫と似たケースも!!

  火傷をしたような赤いアザが、生まれた時からあることがあります。体の中の異常...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

単純性血管腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る