カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 血液・血管 >
  5. 多血症 >
  6. 再発は少ない!乳幼児の多血症とは?治療法を知っておこう

育児・子供の病気

再発は少ない!乳幼児の多血症とは?治療法を知っておこう

grass-59130_640.jpg

乳幼児の血液の病気のひとつで多血症という病気があります。
お医者さんから、多血症と診断されたらおかあさんはそのように対処していくべきなのでしょうか。

 

多血症ってどんな病気なの?

血液の成分に赤血球というものがあります。
この赤血球は体の中に酸素を運ぶ働きをしています。
この赤血球が多くなってしまう病気を多血症といいます。
逆に赤血球が少なくなってしまうのが貧血ですね。

 

どうして多血症になるの?

おかあさんのお腹のなかにいる赤ちゃんは、おかあさんの血液中から酸素を常に取り込んでいます。

酸素をより多く取り込むために、赤ちゃんの血液は赤血球が多く含まれているのです。
生まれたての赤ちゃんはもともと多血なのですが、中には著しく赤血球が多い赤ちゃんが見られます。

この原因としては、おかあさんの胎盤機能不全でうまく酸素が赤ちゃんに送られていなかった時や赤ちゃん自身に造血異常が見られる場合などが原因です。

多血症の症状は?

赤血球が多くなると必然的に血液が濃いという状態になります。
血液が濃くなると、体の中のそれぞれの臓器への細かい血管での血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなると、それぞれの臓器の機能が落ちて、けいれんや脳梗塞、無呼吸、腎不全など重大な症状を引き起こします。

また、多くの赤血球の寿命がきて血液中で壊れると、その中からビリルビン
というものが出てきて黄疸になったりします。
血液中に赤血球が増えすぎてしまい、止血の働きを持つ血小板が減少してしまうこともあります。

多血症の治療方法

まず、点滴で血液を薄めてあげます。
それでもまだ赤血球が多い場合には、赤ちゃんの血液を抜きながら、生理食塩水を入れてあげるという部分交換輸血という処置をすることもあります。

赤ちゃんが生まれた後は、造血異常でないかぎり赤血球の数は落ち着いてきますので、再発することは少ないとのことです。


(Photo by:pixabay

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多血症に関する記事

新生児多血症って!?生まれたばかりの赤ちゃんはみな多血症。なぜ多血症になるのか

多血症とは、酸素を運ぶ赤血球が通常よりも多い状態のことです。生まれたばかりの...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

多血症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る