カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 血液・血管 >
  5. 貧血 >
  6. 顔色が悪いと思ったら貧血!子どもの鉄欠乏性貧血の対処法

育児・子供の病気

顔色が悪いと思ったら貧血!子どもの鉄欠乏性貧血の対処法

portrait-317041_1280.jpg

子どもの顔色が常に悪いため、検査をしてみると貧血がみつかることがあります。
これはほとんどが鉄分が足りなくて、鉄欠乏性貧血になっていることが多いです。
貧血が続くと、子どもにはどのような影響があるのでしょうか。

今回は、子どもの鉄欠乏性貧血と診断された場合の対処法についてまとめました。

貧血ってどういうもの?

血液中には赤血球とよばれる成分があります。
その赤血球の中にあるヘモグロビンという色素の量が減ってしまった状態をいいます。
このヘモグロビンの主成分は鉄分なので、この鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血になります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、胎児の時に鉄分を蓄えています。
しかし3か月もすると蓄えがなくなってしまい、体も急激に大きくなるため、血液が薄くなり、ヘモグロビンの量も少なくなってしまいます。
母乳やミルクは鉄分の含有量が少ないため、いずれ鉄不足になってしまいます。

 

貧血による症状はどんなもの?

貧血状態だと皮膚や粘膜、爪などがなんとなく白っぽいと感じたことがあるかもしれません。
この状態を放っておくと、発育に影響が出てきてしまいます。

貧血の症状としては頭痛、めまい、心臓の雑音、呼吸困難などが出てきます。
乳幼児は自分で頭痛やめまいなどの訴えができません。

血液検査の数値で判定する必要があります。
また、鉄欠乏性貧血の状態が3か月以上続くと、運動発達や精神発達の遅れがみられるといわれています。

 

鉄欠乏性貧血の治療方法

子どもであれば、鉄剤のシロップ剤が投与されます。
普通2カ月から3カ月も服用を続ければ貧血は改善していきます。
その後は、調整してあるフォローアップミルクや鉄分の多い食材を意識して
摂るようにします。

ひじきなどの海藻類、緑黄色野菜、しじみやあさりなどの貝類、レバーなどが鉄分を多く含む食材です。

栄養が多く含まれていると思われているものに牛乳があります。
牛乳を飲ませていれば大丈夫と過信しがちですが、意外と鉄分はすくないため注意が必要です。

乳幼児はまだ言葉にして自分のことを伝える事ができません。
体調が悪くても訴える事ができませんので、おかあさんが常に観察してあげてください。
もし気になることがあったら、医師に相談するようにしてくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

貧血にも種類があった!子供の貧血は何が原因で起こるの?

   貧血は、女性であれば身近に感じる病気ですが、子供にも貧血は起こりうるので...

貧血の体験談

生後4カ月で子供が貧血になりました

4ヶ月の頃、乳児健診に行くと診察で先生から、少し顔色がよくない気がすると言われました。 丁度かかり...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る