カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 先天白内障 >
  6. 具体的にどうする?手術後には何をする?子どもの場合の白内障手術のアレコレ

育児・子供の病気

具体的にどうする?手術後には何をする?子どもの場合の白内障手術のアレコレ

surgery-676388_640.jpg 

まだ生まれたばかりの子どもに、「白内障」という言葉は不釣合いのような気もします。しかし、遺伝、あるいは子宮内感染などを原因として、子どもに白内障が起こることがあります。

子どもの目に白内障

白内障というのは、目の中の水晶体という部分のたんぱく質が変質し、透明性を失うことで起こります。

子どものときに起こる白内障の影響は「見えない」だけにとどまりません。
人は目で見た情報を脳に取り込み、脳を働かして視覚情報を処理します。
乳幼児期にこの一連の流れが発達していくのですが、この時期に見えないとなると、脳の発達にも影響を与えます。
視力自体も光の刺激を受けて成長していくものですので、どの点においても子どもの白内障は早期に解決するべきなのです。
 

子どもの白内障を手術する

乳幼児の白内障を手術する方法は、成人の場合と違います。

・乳幼児の手術

乳幼児の場合、濁った水晶体(レンズ部分)と硝子体(水晶体の後ろにある空間を埋めている、ゼリー状の組織)の前部分を切除する方法が一般的です。

これによって水晶体がない状態の目にし、コンタクトレンズや無水晶体用の眼鏡で視力を矯正します。

12歳よりも後の場合の手術

成人の場合は水晶体を切除した後、眼内レンズを挿入します。
12歳以降で手術をした場合であれば、大人の場合と同じ方法でも手術ができることがあります。

大人と違うのは、成長によって眼内レンズの度数が変化していくことです。
その場合にもコンタクトレンズや眼鏡での矯正が必要になりますから、定期的に度数の確認が必要になるでしょう。

・手術した後の訓練

例えば片目だけ手術をした場合、片方の目だけが視力が悪い状態になります。
そうすると手術をした方の目の視力が弱くなっていってしまう傾向があります。
そのため強制的に手術をした方の目を使うようにするなど、視力の発達を促進するトレーニングが必要です。

・他の合併症がある場合にはその時々で

先天白内障には、他に合併異常が見つかることもあります。そのため合併症が見られる場合には、それに配慮した手術法が必要になるかもしれません。

結果は様々

白内障の重症度、どのタイミングで手術を行ったか、どのように進行した白内障だったなどによって手術後の視力は変わります。
時に手術を行っても良好な視力を得られないこともありますし、両目を手術して両方とも同質の視力を得ることもあります。
ただ、早期に発見し早期に治療を行い、きちんと訓練を行っていくことで、良い結果を得られる可能性は高まります。
(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

先天白内障に関する記事

子どもの白内障ってどんな症状?目の白濁以外に見られる症状もチェック!!

  新生児の瞳は澄んでいて、きらきらと輝いているように見えます。しかしその生ま...

高齢者だけではない!子どもの白内障の原因と治療

白内障は水晶体が濁ることでものがぼやけて見える病気です。一般的に年を取れば、...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

先天白内障の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る