カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 先天緑内障 >
  6. 子どもの緑内障(牛眼)って?どんな症状が起こる?成長すると症状がなくて発見困難!

育児・子供の病気

子どもの緑内障(牛眼)って?どんな症状が起こる?成長すると症状がなくて発見困難!

 aroni-738306_640.jpg

胎児のときにはお腹の中で色々な組織が出来あがっていきます。しかしその時に隅角(ぐうかく)という場所の発達異常が起きることがあります。これによって起こるのが先天緑内障です。

先天緑内障とはどんな病気?

隅角というのは角膜と虹彩の交わるところを言います。
この場所は房水(眼球を満たしている体液)の出口でもあり、先天緑内障ではこの隅角に発達異常が起こります。

房水は眼球を満たすことで、眼圧を正常に保っています。
また角膜や水晶体への栄養補給の役割もしています。
先天緑内障ではこの房水が排出されにくくなるため、眼圧が著しく高くなります。
 

先天緑内障はどんな症状?

先天緑内障は生まれた時から症状が確認できるケースもありますし、ある程度成長した後に症状が出てくるケースもあります。
ではどんな症状が確認できるのでしょうか?

・黒目が大きい、黒目が白くにごる

・黒目の大きさが左右で違う

これは角膜に異常が起こっているためで、これらの症状によって親御さんが気づくケースが多いようです。

・眼球が大きい

乳幼児期は眼球がこれから発達していきます。
そのため眼球の壁がやわらかいのですが、この状態で眼圧が上昇することによって眼球が大きくなります。
この見た目から先天緑内障は牛眼と呼ばれることもあります。

また以下のような症状が見られることもあります。

・まぶたのけいれん

・涙の量が多い

・光を極端にまぶしがる

早期発見が予後を決める、けれど…難しさも

先天緑内障は早期発見、早期治療開始がその後の目の状態を決めます。
見た目の異常が確認されれば親御さんも変化を感じやすいと思います。

しかし、先天緑内障には遅滞型といって隅角異常の程度が低く、1020代になって発症するタイプがあります。
この場合、上記の症状があまり見られず発見が遅れることが多くあります。

そうなると視力低下によって先天緑内障が発見されることが多くなり、結果治療開始が遅れて、予後不良になる傾向があります。

逆に、生まれてすぐに症状が出る早発型もあります。その場合、子ども本人は自分の症状について自覚することがほとんどありません。
そのため親御さんが子どもの異常を見逃さないようにすることが非常に大切です。
(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

先天緑内障に関する記事

子どもの場合薬物治療はしない?手術はどんなふうに?そしてキニナル予後とアフターケア

  お子さんにまぶたのけいれんはありませんか?あるいは黒目が大きくないでしょう...

どんな検査をする?どう検査する?重要なのは小児定期健診!できれば3歳までに…

  遺伝子の異常で発症する病気は、防ぎようがありません。そのため、病気の発症が...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

先天緑内障の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る