カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. タイプによって違う!子どもに起こる緑内障を見つけるために!各タイプの症状を確認

育児

タイプによって違う!子どもに起こる緑内障を見つけるために!各タイプの症状を確認

 2d66791c70f48374da528709fa0e24b5_s.jpg

先天緑内障は高齢者の病気ではなく、赤ちゃんや子どもに起こる病気です。放っておけば失明の可能性にもつながり、そのため、将来のための早期発見がとても重要です。

先天緑内障の種類

眼の中は房水という液体で満たされており、その液体の圧力は普通、正常範囲内に保たれています。
この圧力(眼圧)を正常に保つために、房水を外に出す場所があります。
先天緑内障ではこの房水を排水する場所(隅角)に異常があるために、眼圧が上昇してしまい起こります。

先天緑内障には種類があり、「早発型」「遅発型」「続発型」の3つに分けられます。
時に早発型だけを先天緑内障と言い、遅発型と続発型を発達緑内障と言うこともあるようです。
 

それぞれの先天緑内障の症状

それぞれの先天緑内障では、見られる症状が変わってきます。

・早発型の症状(生後~10歳ごろまで)

黒目の異常

まぶたのけいれん

光をまぶしがる

涙が多い

早発型の場合、目の組織が未熟です。そのため、目の中の異常が症状として出やすく、比較的発見しやすいとも言えます。

・遅発型の症状(10代~20代)

遅発型の場合、上記に示したような症状はほとんど見られません。
眼球の状態も3歳になればしっかりと発達し、眼圧が高い状態にも耐えることができます。そのため、見た目の症状が見られにくくなります。

 

こうなると、さらに上の年代では、症状が出にくくなります。
その代り無理な状態で目を使っていることになり、その結果視力が低下した状態で発見されることも多くあります。

・続発型の症状

他の先天疾患に伴って起こる続発型は、発症している疾患によって異なります。

マルファン症候群

(高身長・痩身・細くて長い指が特徴的で、その他全身症状)

 

リーガー症候群

(顔の骨異常を特徴とし、成長不良や知能発育不全などの症状)

 

先天無虹彩

(生まれつき虹彩:瞳の周りの色の薄い部分、が欠損する)

 

スタージウェーバー症候群

(顔面の赤アザ:ポートワイン母斑、脳内の軟膜血管腫などの症状)

 

これらの疾患に伴うことがあります。特に角膜や虹彩といった目の異常に伴うことが多くあります。

遺伝は関係ないとされている

先天緑内障単体で考えると、遺伝性はないとされており、原因ははっきりとはわかっていません。
変異が認められる遺伝子は確認されていますが、その発生機序ははっきりしていません。
そのためあまり症状の出ない遅発型などの場合には、検査を受けないことには早期発見ができません。
(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目の病気・症状に関する記事

子どもの視力低下は親の遺伝ってホント?本当の原因はどこにある?

  親の視力が悪いと、子どもも遺伝で視力が悪くなる…という話、誰しも耳にしたこ...

乳幼児・幼児の逆さまつげは気になっても抜いたらダメ?

赤ちゃんのまつげが内側に向いていて、目に入って痛そう!ということはありません...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

目の病気・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る