カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 皮膚・肌トラブル >
  5. あせも >
  6. 乳幼児に多い!透明なあせもと赤い湿疹のあせもの特徴とあせも予防策

育児・子供の病気

乳幼児に多い!透明なあせもと赤い湿疹のあせもの特徴とあせも予防策

%E6%9A%91%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A9%E3%

子どもは大人に比べて新陳代謝が活発で、また体温も高いためとても汗をかきやすいです。

そのため、汗によるトラブル「あせも」も大人より起こりやすいのです。

 

子どものあせもの症状、特徴、注意点についてまとめてみました。

透明なあせもと赤い湿疹のあせもがあります

「あせも」というと、汗をかきっぱなしにして放置しておくと皮膚の表面に赤い湿疹ができてかゆくなる、というイメージが強いです。

 

もちろん赤いあせももありますが、実は透明なあせももあります。

「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」といい、皮膚の表面に透明な水ぶくれができます。水ぶくれの大きさは大体1~3ミリほどです。

 

ただこの透明なあせもは、かゆみなどがないため症状が出ても気づかないことが多く、数日で自然に治癒していきます。

 

一方、よくイメージされる赤いあせもは「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」と呼ばれており、こちらは炎症とかゆみをともなう赤い湿疹がたくさんあらわれます。

 

子どもがかきむしり悪化しやすいので、赤いあせもは治療が必要になります。

 

乳幼児に多いのはなぜ?

あせもの特徴として、「乳幼児に多い」ということがあげられます。

これはなぜかというと、子どもは大人より体表面積が小さいのですが、汗腺(汗を出す腺)の数は大人と同じなので、小さい面積に汗腺が密集している状態になっています。

 

そのため、小さい面積に大量の汗が分泌されるので、きちんとケアをしないとあせもになってしまうのです。

 

また乳幼児は大人のように自分で汗をふけないことも、あせもになりやすい原因だといえます。

 

あせもの注意点、予防策

乳幼児の場合、あせもにならないようにするにはまず汗をかいていたらふいてあげたり、着替えをさせたり、というケアをこまめに行うことが大事です。

夏場は室温にも気をつけてあげましょう。

 

オムツをしている子どもの場合、オムツをこまめに替えてあげることも重要です。

 

それでも赤いあせもができてかゆがっている場合は、すぐにお医者さんに連れて行きましょう。

 

夏場はあせもになりやすいですが、冬場でも着ぶくれさせて暖かい室内にいると意外に赤ちゃんは汗をかいています。
暖房の設定温度や薄着で調節してくださいね。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

あせもに関する記事

乳幼児のあせも…できやすい部位は○○!あせもの治療法・自宅で出来るケア

子どもが病院であせもと診断されたら、どのような対処をしていけばいいのでしょう...

あせもの体験談

とびひにかかった話。再発もしました。

夏休み一週間前に、三歳の長女がとびひにかかりました。 はじめはあせもで、肘の内側やひざの裏、首...

【育児体験談】赤ちゃんの肌トラブル!?その正体は赤ちゃんにきび

8月1日に生まれた娘、退院して一週間ほどたったところで、顔の赤いボツボツが目立つようになりました。日...

カラダノートひろば

あせもの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る