カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 皮膚・肌トラブル >
  5. あせも >
  6. 乳幼児のあせも…できやすい部位は○○!あせもの治療法・自宅で出来るケア

育児・子供の病気

乳幼児のあせも…できやすい部位は○○!あせもの治療法・自宅で出来るケア

%E3%81%82%E3%81%9B%E3%82%82%E3%81%AE%E8%

子どもが病院であせもと診断されたら、どのような対処をしていけばいいのでしょうか?

あせものできやすい部位

あせもは汗をかいたあと溜まりやすい場所にできます。

・顔やおでこ
・首のまわり
・ひじの内側
・足のつけね
・お尻(特にオムツをしている子どもはオムツに覆われている部分にあせもができやすいです)
・ひざの裏側
などなどです。

 

あせもはアトピー性皮膚炎と見間違いやすいのですが、アトピーはアレルギー反応によって起こる炎症反応なので、汗をあまりかかない腕の表面や背中や胸などにもできるのが特徴です。

 

対してあせもは汗をよくかく部分にしかできません。

ですので、汗をかきやすい部分を日ごろからタオルでよくふく、着替えをこまめにするなどしてケアしていくことが必要になってきます。

 

ステロイド外用薬で治療します

あせもの中でも特に赤いあせもや敷石状に隆起しているぽつぽつができているのを発見した場合は、医療機関に連れて行きましょう。

 

これらのあせもは放置しておくとかゆみが止まらなく辛い思いをしたり、汗腺が詰まって切開が必要になったりします。

 

赤いあせも「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」はステロイド外用薬で治療していきます。
ステロイドというと副作用を心配される方もいらっしゃるでしょうが、正しい用量・用法で使用すれば問題はありません。

 

処方される際にお医者さんの説明をよく聞き使用しましょう。市販のステロイド薬を購入する際は必ず薬剤師にご相談ください。

 

紅色汗疹はステロイド薬治療を続けるとすっと治っていきます。薬のやめどきも医師(または薬剤師)にご相談くださいね。

 

敷石状に隆起しているぽつぽつは「深在性汗疹(しんざいせいかんしん)」といいます。
この発疹が出ている部位は汗が出なくなっているので、体温調節がうまくいかなくなります。
そのため熱中症などに注意が必要です。

 

こちらは高温環境を避け、涼しい場所で生活するようにすると自然と治っていきます。

 

アトピー性皮膚炎の子どもは、あせもに特に注意しましょう

アトピーがある子どもの場合、あせもがとびひまで悪化する確立が高くなります。
そのため、アトピーの子どものあせも対策はしっかり行いましょう。

 

子どもが汗をかきすぎないように、またかいたらきちんとケアをしてあげられるように、親は十分注意して見守っていきましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

あせもに関する記事

乳幼児に多い!透明なあせもと赤い湿疹のあせもの特徴とあせも予防策

子どもは大人に比べて新陳代謝が活発で、また体温も高いためとても汗をかきやすい...

あせもの体験談

とびひにかかった話。再発もしました。

夏休み一週間前に、三歳の長女がとびひにかかりました。 はじめはあせもで、肘の内側やひざの裏、首...

【育児体験談】赤ちゃんの肌トラブル!?その正体は赤ちゃんにきび

8月1日に生まれた娘、退院して一週間ほどたったところで、顔の赤いボツボツが目立つようになりました。日...

カラダノートひろば

あせもの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る