カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 夜、添い乳で寝ていると虫歯になるって本当?虫歯になりやすい口環境とは

育児・子供の病気

夜、添い乳で寝ていると虫歯になるって本当?虫歯になりやすい口環境とは

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

夜中の授乳のとき、添え乳にしているママもいますよね。
ママも楽ですし、赤ちゃんも安心しながらまた眠りにつけるのがメリットの添え乳。
しかし、「添え乳だと虫歯になる」と聞いたことはありませんか?
もしも本当であるならば、心配ですよね。

ここでは、添え乳が虫歯の原因になるのか?ということについて説明します。

虫歯になりやすいお口環境とは

乳歯は、永久歯と比べてエナメル質が薄く虫歯になりやすいです。そして、進行も早いです。

虫歯になりやすいお口環境の原因として、やはり食べかすなどが歯に付着したままの状態が続くことも一つ挙げられます。
歯に付着した糖分などが、虫歯菌のエサとなって虫歯になってしまうのです。

赤ちゃんは、唾液に自浄作用があっていつもお口の中をきれいに保っています
しかし、寝ている間は唾液の分泌が少ないので、このときに歯に食べかすなどが付着していると、虫歯になりやすくなります。


母乳やミルクにも、糖分は含まれています。
 ということは、やはり夜間の添え乳は、飲みながらそのまま眠ってしまうので、虫歯の原因になるのでしょうか?

母乳・ミルクだけが原因ではない!

母乳やミルクには糖分が含まれています。しかし、母乳の糖分はほんのわずかです。
そのため、「添え乳が直接の虫歯の原因」ということはほとんどないそうです。

しかし、1歳を過ぎての添え乳を続けると、口の中に母乳が残って虫歯の原因菌を増殖させる誘因にはなります。

ですから、寝る前にきちんと歯磨きをしておくことが大切なのです。

寝る前の歯磨きで、食べかすなどをきちんと取り除いておきましょう。
この「寝る前の歯磨き」が行なわれていないと、そこにさらに添え乳によって母乳が歯に付着して、虫歯ができやすいお口環境になってしまうのです。

 

歯磨きを習慣づけよう!

乳歯が生え始めたら、歯磨きの習慣をつけましょう。
授乳後、離乳食の後に毎回歯磨きをしておくと安心ですが、回数も多くてママも大変ですから、最低1回寝る前には歯磨きしましょう。

とくに前歯や歯と歯の間には虫歯ができやすいから、そこをしっかりと磨くように意識してください。
嫌がってなかなか上手に磨けないときには、かたく絞ったガーゼで拭いてあげてください。

寝る前の歯磨き習慣がしっかりと行なわれていれば、添え乳をしていてもそれが原因で虫歯になるということはほとんどありません。

 

赤ちゃんの虫歯になりやすい環境は、毎日の歯磨き習慣ができているかどうかで変わります。
添え乳が直接の原因ではないとしても、誘因にはなり得ますので、寝る前のお口ケアをして赤ちゃんを虫歯から守りましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

乳歯でも毎日必ず歯磨きするべき?歯磨きを嫌がる乳児・幼児への対策

毎日の赤ちゃんの歯みがきはとても大変。 嫌がる赤ちゃんのために楽しいおうた...

食べるたびに歯は溶ける!?むし歯の原因と予防法について

■むし歯ってどうして出来る? むし歯になるためには条件があります。口の中にむ...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る