カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 性器・おしり周辺 >
  5. 外陰部膣炎 >
  6. 女児によく見られるトラブル…外陰部膣炎はどうして起こる?対処法と予防法とは

育児・子供の病気

女児によく見られるトラブル…外陰部膣炎はどうして起こる?対処法と予防法とは

b33696bee64bb0763e9057a90f5dfd1d_s.jpg

赤ちゃんは大人に比べてとても抵抗力が弱いです。細菌などが体に入ると病気になりやすくなっています。

 

女の子の外陰部はとてもデリケート。外陰部膣炎は女の子の赤ちゃんによく見られる病気ですが、どのようなものなのでしょうか。

 

外陰部膣炎とは

膣は外界から細菌などが体の中に入らないように、自浄作用というものが働き細菌などから体を守っています。

しかし、赤ちゃんの場合、大人に比べ抵抗力が弱いので、この自浄作用も弱くなっています。

 

そのため雑菌が繁殖しやすく、膣や皮膚などに炎症を起こしてしまいます。これが外陰部膣炎です。特に赤ちゃんはオムツを常につけており、湿った環境にあるので、余計雑菌が繁殖しやすくなっています。

 

どんな症状があるの?

膣の入り口からその周りにかけて赤く腫れあがります。かゆみや痛みを伴うこともあります。

さらにオムツにおりものや膿が付いたり、血が出ることも。肌が敏感になり、おしっこの時に痛がったり、オムツを替える時にも嫌がることも。

 

さらに悪化すると陰部がただれて皮がくっついてしまう陰唇癒着になり、おしっこがしにくい状態になる可能性もあります。

 

原因は?

膣や外陰部の皮膚に、日常的に存在するブドウ球菌や大腸菌と呼ばれる菌が感染することにより起こります。

先にも述べたように、赤ちゃんは抵抗力が弱く、膣の自浄作用が弱い状態のため起こります。さらに、汚れた手で触ったり、オムツが不衛生な状態が続くと、細菌の温床になり感染しやすくなります。

 

受診する際の注意点

症状が出ていれば、小児科医や泌尿器科医に診せれば診断が付きます。オムツやパンツなどにおりものや膿、血などが付いている場合は、オムツを残しておき、診察の際に医師に診てもらいましょう。

 

治療方法

感染が軽度の場合は、抗菌薬やステロイド軟膏を感染して赤くなっている部分に塗ります。症状がひどい場合は、抗生物質の飲み薬を飲みます。

 

ホームケアは何ができる?

感染して赤く腫れている部分はとてもデリケートです。特にうんちをしている場合にごしごしこすると皮膚を傷めてしまうので、ぬるめのお湯で優しく流してあげましょう。

 

また、軟膏を塗布するのも、患部を清潔にしてから塗ってあげましょう。

子供のことなので、つい触ってしまうこともあるので、手を清潔にしてあげましょう。

 

男女問わず陰部はとてもデリケートです。特にオムツで湿っている状態だと、肌が弱くなっているので、普段から陰部のしわやひだの間も清潔にし、おむつ替えや入浴後などに乾燥させてあげることも大切です。
(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

外陰部膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る