カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 赤ちゃんの歯磨きを始める前に!赤ちゃんの歯ブラシを選ぶ4つのポイント

育児・子供の病気

赤ちゃんの歯磨きを始める前に!赤ちゃんの歯ブラシを選ぶ4つのポイント

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

赤ちゃんの歯磨きを始める前に、赤ちゃんの歯ブラシ選びから考えてみてください。どんなことに気をつけて歯ブラシを選べばよいのでしょうか?

赤ちゃんの歯ブラシを選ぶポイントはいくつかありますが、ここでは4つのポイントに絞ってまとめてみました。

赤ちゃんの歯ブラシを選ぶ4つのポイント

・ヘッドが小さく毛の柔らかいもの
毛の付いている部分(ヘッド)が、赤ちゃんの前歯2本分くらいの幅ほどの小さいものがよいでしょう。

また、歯茎などを傷めないためにも、毛の柔らかいものを選んでください。
シリコンの素材でできていて、鬼の金棒のような形をした歯ブラシもあります。
このようなシリコン素材のものは柔らかく使いやすいので生え始めの赤ちゃんにはおすすめです。

・赤ちゃんが持ちやすい形のもの
赤ちゃん用の歯ブラシには、のどを突かないように安全プレートの付いているものもありますので、そのような歯ブラシを選ぶのもよいでしょう。

持ち手の部分が滑りにくい素材になっているタイプのものなど、赤ちゃんが持ちやすい形になっている歯ブラシもいくつかあります。

・仕上げ磨き用と赤ちゃん用の2本を準備する
赤ちゃんに持たせる用の歯ブラシとは別に、仕上げ磨き用の大人が持ちやすい柄の長い歯ブラシを準備してください。
仕上げ磨き用の歯ブラシも、ヘッドは小さく毛の柔らかいものを選びましょう。

「仕上げ磨き用」として売られているものもありますので、そのような歯ブラシを選ぶとよいでしょう。

・赤ちゃんが喜ぶ色柄や形のもの
歯磨きをたのしい習慣として行なうためにも、赤ちゃん自身がお気に入りの歯ブラシにすることも大切です。
かわいいキャラクターの描かれているものであったり、好きな色の歯ブラシを持たせてあげると歯磨きがたのしくなるでしょう。

 

歯ブラシの交換時期はいつ?

歯ブラシの交換する目安としては、毛先が開いてきたときです。

赤ちゃんの歯ブラシは、特に毛の柔らかいものが多いことと、赤ちゃんが歯ブラシをかみかみしてしまうことですぐに毛が開いてしまいます。
大人の歯ブラシよりも交換サイクルが早くなりますが、毛先が開いてきたら新しいものに替えてあげましょう。

耐久性の面から考えても、シリコン素材の歯ブラシは毛が開くということがないのでよいかもしれません。

どのタイプの歯ブラシでも、大体1ヵ月ごとには交換することをおすすめします。

 

赤ちゃんの歯磨きタイムをたのしくしよう

実際に使ってみて、赤ちゃんに合うかどうかも試してみましょう。
性能が良いものであっても、赤ちゃんに合わなければたのしく歯磨きできませんよね。
なによりも、赤ちゃんがいやがらずに歯磨きができる歯ブラシでないといけません。

まずは歯磨きが毎日の習慣になるようにすることが大切です。
赤ちゃんの歯磨きタイムがたのしくなるような歯ブラシ選びをしましょう。

1歳すぎて、好きなものを自分で選べるようになってきたら、赤ちゃん自体に選ばせてあげることも、歯磨きをたのしくできるコツです。

今回まとめた4つのポイントで、赤ちゃんのたのしい歯磨き習慣のための歯ブラシ選びができますように。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

乳歯の時期別!適切な磨き方☆生え始め→上下2本ずつ生えた頃→奥歯が生えたら…

どんどん生えそろっていく赤ちゃんの乳歯。 生え始めから、上下2本ずつ生えた...

歯科衛生士が伝授!びっくりするほどすんなりと歯磨きをさせてくれるようになる意外な方法

子どもの毎日の歯磨き、苦労していませんか? 子供のために一生懸命歯磨きをしよう...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る