カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 骨・筋肉・関節 >
  5. 肘内障 >
  6. 5歳未満の子どもがなりやすい!肘内障と診断された場合の対処法

育児・子供の病気

5歳未満の子どもがなりやすい!肘内障と診断された場合の対処法

%E8%85%95%E3%82%92%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%

目的地に急いでいるときなどで、子どもの腕を急にひっぱったりひねったりしたときに、突然子どもが痛がって泣き出したことはありませんか?

もしかしたら肘内障(ちゅうないしょう)になったのかもしれません。

 

もしも子どもが肘内障と診断された場合、親はどう対処していけばいいのでしょうか。

子どもは骨が外れやすい!

肘内障は脱臼ではなく、肘関節の骨と骨をつないでいるわっか状の靭帯という部分から骨が外れたり、ずれたりした状態のことをいいます。

 

園児の年齢のころに達した幼児によく起こる症状で、手を強くひっぱったときなどに腕からだらっと力が抜けて、まるで肘が抜けたような状態になります。

 

5歳未満の子どもは骨や靭帯が未発達なので、この症状になりやすいのです。
靭帯が発達する小学生以降ではあまり見られなくなります。

 

肘内障の症状

肘内障の症状になると子どもは痛がって泣き出します。
そして腕をだらりと下げて、肘を曲げることができなくなり、腕を動かそうとしなくなります。

 

腫れが出たりすることはありませんが、無理に動かそうとすると痛むので、患部はそっとしておいて、早めに病院に連れて行きましょう。

 

肘内障の治療、対処方法

子どもが痛がって泣き出したら、なるべく早く整形外科に連れて行きましょう。
問診の後、レントゲン検査で骨や関節を撮影し、異常がないかを確認することもあります。

 

このとき、転んでから肘を痛がっている場合は骨折の可能性もありますので、もし転んでいた場合はその旨も必ず医師に伝えましょう。

整形外科で行う手術とは

整形外科では徒手整復を行います。
整形外科医の手を使って、肘内障になった肘を強制的に曲げて治します。

 

治療後は痛みが消えて肘も動くようになります。いつもと同じように腕を使えるようになります。

 

肘内障は一度なってしまうとくせになってしまうことがよくあります。
治療後も日常生活では、子どもの手を急にひっぱったりしないように気をつけてすごしましょう。

急いでいるときなどにはつい子どもの腕を強くひっぱってしまいがちですが、子どもは骨が外れやすいので、急にひっぱらなくてもすむようにすごしたいものですね。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

肘内障の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る