カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 種類 >
  5. 白血病や脳腫瘍など…子供に起こる小児がんの特徴と障害について

ガン・悪性腫瘍

白血病や脳腫瘍など…子供に起こる小児がんの特徴と障害について

 

小児もまれにがんに罹患することがあります。

基本的に成人と変わらないことが多いですが、小児ならではのがんの特徴も存在します。

 

小児がんの特徴                 

小児がんで多いものは白血病脳腫瘍で成人のがんに比べると比較的治癒しやすいですが、成人とは異なる治療の副作用が懸念されます。

成人とは異なり小児の場合は化学療法や放射線療法の副作用が長く残りやすいです。

これらの療法は正常な細胞より分裂が活発な細胞を標的としますが、小児の場合は成長するために正常な細胞においても活発に分裂するものが存在します。

そのため、正常細胞でも抗がん剤や放射線の影響を受けてしまうことがあるのです。

 

小児がんの晩期障害               

小児がんの晩期障害としては成長障害生殖機能障害などに加え、二次がんがあげられます。

二次がんは抗がん剤や放射線の影響で発生するがんのことで、成人患者の場合でもありますがリスクが大きく違います

また、生命を脅かす病気にかかって厳しい治療を受けたという経験が子供に心的外傷を与えることも少なくありません。

そのため、PTSD(心的外傷後ストレス障害)という精神疾患が発症することもあります。

 

 

小児がん患者には治療が終えた後でもきちんとしたフォローアップが必要です。また、晩期障害の可能性を熟知したうえでの定期的な検査を行ったほうがいいでしょう。

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/06/09-022035.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

骨肉腫!悪性骨腫瘍の半数を占める骨肉腫癌と30種類以上ある軟部腫癌

転移がなければ半数以上が治る「骨肉腫」 骨肉腫は、悪性骨腫瘍のほぼ...

女性に多い胆嚢癌と男性に多い胆管癌!胆道癌の症状と治療法

世界的に見て日本は胆道癌による死亡が多い肝臓で作られた胆汁が十二指腸まで流れてい...


がんの3つの特徴って?自律性増殖・湿潤と転移・悪液質とは

今や、日本人の死亡率のトップ3に常にランクインしているがんという病気は誰でも知っ...

骨髄増殖性疾患の治療は年齢によって分かれます

  骨髄増殖性疾患という、発病するのが100万人に数人というまれな病気があ...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る