カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. その他 >
  6. 赤ちゃんは母乳・ミルクで水分は足りている?水分補給に白湯は飲ませるべき?

育児・子供の病気

赤ちゃんは母乳・ミルクで水分は足りている?水分補給に白湯は飲ませるべき?

白湯  

現在代以上の子育て経験のある方にとって「お風呂上がりの赤ちゃんに白湯を飲ませる」ことが育児の常識でした。
そのため母親や義理母に白湯を飲ませた方がいいのではないかと言われて戸惑うことがあるかもしれません。 
 

赤ちゃんは母乳・ミルクで水分は足りているの?

結論からいうと母乳・ミルクで赤ちゃんは水分は充分足りているので、基本的に母乳・ミルク以外に飲み物を与える必要はありません。 
 
昔の常識を言われたり、汗をたくさんかく暑い季節や乾燥しがちな寒い季節は、大人でも喉が渇きまめな水分補給が必要なのだから脱水症状を防ぐためにも、白湯は定期的に飲ませる方が良いのではないかと心配になりますが、基本的には水分補給は母乳・ミルクで充分なので無理にあげなくても大丈夫です。
オシッコがしっかり出ていれば水分不足の問題はありません。
 
このことを踏まえた上で今回は白湯を飲ませるメリットとデメリットをご紹介します。 
 

白湯とは

沸騰してお湯を冷ましたもので、水より温かく、お湯より冷たい飲みやすい温度のお湯です。
さらに、殺菌のため一度沸騰しているので白湯は安全で適温な飲みやすい飲み物と言えます。 
ちなみに、たいていの赤ちゃんは白湯を嫌がります。無理やり飲ませる必要はありません。
 
もし、飲ませたい場合は、お風呂上がりや外出の後など、喉が渇くであろうタイミングで与えるとスムーズに飲んでくれます。
哺乳瓶で与える場合ははじめはcc以下から始めるといいでしょう。
 

白湯はいつからあげるべき

赤ちゃんの体重の増えが順調であれば生後1ヶ月以降授乳リズムが出来てから白湯を与えましょう。 
母乳の場合は、欲しがるだけあげていいですが、ミルクの場合は日にあげていい量が決まっているのでミルクを飲み終わってもまだ飲み足りず愚図るときに白湯をあげるといいでしょう。 
 

白湯の飲ませ方

スプーンを使って赤ちゃんの唇に白湯を少し乗せて様子を見てみましょう。嫌がらないようなら、さらに、少しだけ口の中に入れてみましょう。 
一度にたくさんの白湯を与えてしまうと気管に入ってむせてしまうことがあるので少量ずつあげてください。スプーンで与えても大丈夫そうなら、哺乳瓶に白湯を入れて飲ませていきます。
 

白湯をあげるメリット
 

離乳食への移行

母乳やミルク以外に白湯を与えることで離乳食に移行しやすいと言われています。 母乳やミルクの味ばかりに慣れていると、初めて離乳食を食べた時に嫌がったり、吐き出したりすることもあるため、白湯の味に慣れさせておくことが大切です。
 

混合育児の練習

母乳からミルクの混合育児に切り替える準備として白湯が役立ちます。
母乳育児は多くのバランスの良い栄養を赤ちゃんに与えることができ、抗体や免疫も授けることができます。 
そのことから完全母乳育児を目指していたとしても乳腺炎や風邪をひいて母乳育児ができないことや赤ちゃんを預かってもらうときに備えて母乳とミルクでの混合育児を目指す人も多いでしょう。
母乳育児から急に哺乳瓶に切り替わると慣れずに飲まない赤ちゃんには、まずは白湯の味に慣れさせて、次第に哺乳瓶に白湯を飲ませる練習をすることでミルクへの移行がスムーズになります。
 

便秘解消

一般的に母乳やミルクを飲んでいるときは、あまり便秘になりにくいと言われていますが、離乳食をスタートすると摂取する水分が減るため便秘になりやすい赤ちゃんが増えてきます。 
それを解消する対策として、白湯で水分補給をして便通を促すようにします。その準備として離乳食が始まる前の早い段階から白湯に慣れておくのも大切でしょう。
 

白湯に一工夫で赤ちゃんが飲んでくれる

便秘解消や暑い日の水分補給をさせたいが味もそっけもない白湯を嫌がって飲まない場合は、白湯100mlにグラニュー糖小さじ1杯を入れて混ぜてみてください。
しかし、甘くて飲みやすくなるので飲ませすぎや、ごくごく母乳やミルクの代わりに飲んでしまわないように量を確認しましょう。 
 

白湯をあげるデメリット
 

水の安全性

水道水には塩素やカルキが含まれていますが、沸騰してもすべてが除去されるわけではありません。 
沸騰に使用する鍋に汚れが残っていたり、使用するスプーンや哺乳瓶に殺菌があったりすれば免疫が万全でなく、消化器官も未発達の赤ちゃんにとって体調不良を招く恐れがあるかもしれません。
 

アレルギーの心配

産まれたての赤ちゃんは、免疫力が弱いため通常なら問題のないものでも過敏に反応することがあります。水だからと言って、そこに含まれている成分に反応しないという保証はありません。 購入したミネラルウォーターを白湯にしたとしても、赤ちゃんの胃腸に合わないこともあります。 
両親がアレルギー体質であったり、家系的にアレルギーを持っている人が多い場合は白湯にも慎重になった方がいいかもしれません。
 

水の購入費

白湯を作るときに、塩素やカルキが入った水道水を使わず、天然のミネラルウォーターを購入して与えるという人も多いでしょう。 さらに、放射能の心配もあり、水道水を使わない家庭も多いでしょう。
ミルクに加えて白湯用に安全な水を確保するためのミネラルウォーターやウォーターサーバーの定期的な購入は経費面から考えて負担になるのであれば使用しない方がいいでしょう。
 

白湯以外の飲み物は

生後ヶ月から使える果汁なども市販されていますが、美味しい濃い味が好きになるとお茶や白湯などを飲まなくなります。さらに、母乳やミルクの飲み方が少なくなります。 
そうなると、栄養補給が出来なくなるので、母乳やミルク以外で飲ませるとしたら白湯かお茶が良いでしょう。
果汁を含んだジュースなどは離乳食後半が適しています。 
また、早い時期に母乳やミルク以外の飲み物白湯やお茶以外を飲ませることは赤ちゃんの未熟な消化器官の負担になり善玉菌の数を増やす妨げになったり、アレルギーの子供を増やす原因になると言われています。 
 
上で述べたように、基本的には母乳・ミルク以外に水分補給をする必要はありません。母乳育児をしているママの場合はお風呂上がりに授乳するように工夫するだけでも水分補給の心配は減らせるのではないでしょうか。
白湯は必ずあげなければいけないものではないのでメリット・デメリットを理解した上で臨機応援にその子にあった子育てをしましょう。
 (Photo by写真AC

著者: マイリズムさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

授乳で乳首の形は悪くなる?授乳中のおっぱいケアまとめ

妊娠して出産して育児に追われて・・・気づけば体はボロボロ・・・なんてことあり...

知らなかったでは遅い!授乳中に使ってはいけない湿布もある!気になる赤ちゃんへの影響は?

普段の生活の中では特に気にしないことであっても、授乳中だといちいち「これって...

その他の体験談

夜の授乳、生活のリズムになれずにイライラ

出産後から赤ちゃんのペースに合わせていると、生活のリズムが乱れます。 しかしながら、育児書やweb...

赤ちゃんのスキンケア必要?不要?

退院してすぐから気になる赤ちゃんのスキンケア。 何もしなくていいという説、3歳までが大事という説。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る