カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 動作・行動 >
  6. 赤ちゃんが舌を出すのはなぜ?よく観察してみよう!

育児・子供の病気

赤ちゃんが舌を出すのはなぜ?よく観察してみよう!

舌を出す 

生後1・2・3ヶ月の赤ちゃんを見ていると舌をペロリと出す仕草は可愛いですよね。 舌を出す理由を知らないと何か病気と関係しているのではないかと不安になりませんか。

 

今回は、赤ちゃんが舌を出す理由や病気、障害との関係性をご紹介します。 

 

舌を出す理由 

・成長の証

生まれて間もない赤ちゃんは明るさを感じますが目はぼんやりとしか見えず、手や口、舌によって回りのものを探ろうとします。 

 

生後1・2ヶ月になると段々と自分の体に興味を持ち始めます。 

舌の大きさは、赤ちゃんでも大人でもあまり変わらないため、生後間もないころは舌を動かすスペースがないほど口の小さな赤ちゃんは、おっぱいを効率よく吸う役に立ちます。

 

それが、生後2~3ヶ月ころになると、口の構造が変わることで舌をある程度自由に動かせるようになります。今まで制限されていた舌が自由に動かせるようになって楽しくしょうがなくなり、舌をペロペロ出すようになります。 

 

つまり、機嫌が良いときに舌を出しているのは成長のプロセスであり、赤ちゃんの遊びのひとつですので心配はいりません。  

 

いつまで?

生後2~3ヶ月ころ舌をペロペロ出しているだけだった赤ちゃんが、手を握ったり、振ったり、こぶししゃぶり、指しゃぶりと遊びが変化し、やがて、寝返りやはいはいなど本格的に動き出すとこの仕草は減っていきます。

 

・物理的な理由から

物理的な面から、舌が大きい、舌が長い場合は口から出やすい傾向にあるようです。舌を動かす神経がうまく機能していなくて舌をしまえない子。舌が大きかったり長かったりすると、口の中で持て余して外に出して遊び始めます。

 

・触覚の働き

赤ちゃんにとって舌という当たり前のものも、いろんな動きをする不思議なおもちゃになります。 感触を楽しんでいる 赤ちゃんが舌を出す仕草をするのは、舌が触覚の働きをしているからです。

舌は目と同じようにたくさんの情報をあたえてくれる大切な神経です。なんでも口に入れてしまうのはこのような理由からです。 

 

・お腹がすいたとき

赤ちゃんは、舌を使ってしっかり吸い付けながらおっぱいを飲みます。そのため、舌を出す仕草はおっぱいを飲む準備をしているかもしれません。 

 

・ゲップがなかなか出ない

舌を出す仕草をしながら「ウェ」となっている場合は、お腹の中にゲップがたまっている可能性があります。

赤ちゃんは授乳後に必ずゲップを出しますが、すべて出し切れていない場合、お腹の中のゲップを出せずに苦しい状態になっています。

一度抱っこして背中をトントン叩いてあげてたまったゲップをスッキリ出してあげるようにしましょう。 

 

・味覚のチェック

生後6ヶ月くらいになり、ママやパパがご飯を食べている様子を見て、舌を出してよだれを流しているようなら食べ物に興味を持ち、味覚を知りたいという欲求の表れです。徐々に離乳食をスタートさせるサインです。少しずつ離乳食を始めましょう。 

 

・マネをしている

お母さんが赤ちゃんに近づいて「ベー」と何回も舌を出すと、同じように「べー」と出し始めることがあります。視力が少しずつ発達してきた赤ちゃんがママがしていることを真似ていることもあるようです。  

 

病気が原因の可能性もある?

・鼻の疾患

成長のプロセスとして舌を動かしているだけだと思っていたら、もしかしたら、鼻に何らかの疾患があるかもしれません。

赤ちゃんは基本的に鼻呼吸ですが、鼻の中に何らかの疾患がある場合は、うまく呼吸できません。

そのため、口呼吸で息をする必要がありますが、赤ちゃんは口呼吸があまり得意ではないため舌が出してしまうのです。 

 

授乳の最中に何度も中断して、ハーハーと一生懸命舌を出しながら呼吸をしている場合は一度病院で診てもらうようにしましょう。 

 

・自閉症

自閉症の特徴として、 

 

・あまり笑わない 

・泣かない 

・呼びかけても反応が返ってこない 

・舌をペロペロ出したり捻ったりする 

 

ことがあります。心配な場合は一度病院で相談してみましょう。 

 

・クレチン症の影響

先天性甲状腺機能低下症とも言い、甲状腺ホルモンが分泌されないため新陳代謝が滞ってしまう病気です。

ホルモンの薬を服用することで治療していくことができ、他の赤ちゃんと同じように成長することができます。

生後すぐに判明する病気なので生後間もない時期に医師から診断されなければ可能性が低いと言えるでしょう。  

 

 

このように、赤ちゃんが舌を出すのは、成長のプロセスでみられる行動のひとつです。舌を出してばかりいると、「ウィルスや細菌が口に入ってしまうのでは?」と不安になるかもしれませんが、ある程度の雑菌に触れることは免疫力を高めます。

心配なようであればよく舐めるおもちゃは適度な消毒や洗濯で清潔に保ってあげましょう。 

楽しそうに舌を出している赤ちゃんの姿はとっても可愛いものです。舌で色々なものに触れる行為は大切なので、無理にやめさせる必要はありません。

 

心配しすぎず、今だけの赤ちゃん特有の表情をたくさん撮ってあげましょう。 しかし、不安が拭えない、何か異変を感じる場合は病院に行きましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: マイリズムさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

生後2ヶ月の赤ちゃん♪表情に変化が出てくる!体の大きさ、予防接種、搾乳…知りたいことまとめ

一ヶ月検診を終え、また忙しい一ヶ月をお過ごしのママ・パパへ! 毎日大変です...

生後3ヶ月の赤ちゃん♪首すわりまでもう少し…気になる体重・体の変化・よく泣くのはなぜ?

出産を終えてから3ヶ月…ママにとってはあっという間の期間ですよね! 赤ちゃ...

動作・行動の体験談

生後3か月◆うつ伏せ大成功!!

赤ちゃんって日々成長しますよねっ‼ しかも、いきなりこんなこと出来てる‼と、気付く事も多々あります...

もうすぐ四ヶ月!成長記録★

こどもの成長って本当にはやい! もうすぐ生後4ヶ月になる元気な元気な男の子の新米ママをしていますが...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る