カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食べ順・食べ方 >
  6. ダイエットに上手くフルーツを取り入れよう

美容・ダイエット

ダイエットに上手くフルーツを取り入れよう

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s.jpg  

フルーツはとても美味しく、デザートに欠かせないものです。しかし、女性にとってはダイエットの天敵でもあります。どんな果物を食べると太りやすいのでしょうか。

フルーツは身体に良い

フルーツに含まれている成分は、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、鉄分、ビタミン、ミネラルなどです。これからは、ダイエットにはもちろん、むくみを取ってくれたり、脂肪を防いでくれたり、お肌の調子をよくしてくれたりと女性にとっては願ってもいないものです。

しかし、これらの必要な成分のほかに糖分があります。これがダイエットの天敵なのです。糖分は中性脂肪に変わりやすく、太る傾向にあるのです。適量を守って食べないとダイエットは難しくなります。

太りやすい果物

果物のなかでも、太りやすい果物があります。糖分が多く、カロリーが高いのが特徴です。マンゴや、バナナ、ドリアン、パイナップル、ドライルーツなどです。皮も無いので、食物繊維も少なく、脂肪に変わりやすくなっています。

缶詰の果物などは、シロップ漬けになっているので、そのままのフルーツよりもカロリーも高いので気をつけなくてはなりません。

太りにくい果物

逆に果物には太りにくい果物もあります。皮が付いていると食物繊維もほうふなので、オレンジや、みかん、グレープフルーツなどは、上記の果物と比べると太りにくくなっています。

他には、スイカ、なし、ブルーベリー、桃、ラズベリー、などがあります。皮のついたものが多いのも特徴です。これらは太りにくいとされていますが、やはり、食べる量が多すぎると意味がないので、適量は守ったほうが良いでしょう。太りにくい果物を知っていると、果物を食べる際にもダイエットを気にしないで食べられるようになります。

フルーツは一年中美味しいものがあります。季節ごとに色々な物をたべたくなりますが、太りにくいフルーツを摂取することによって、肌の調子もよくなったりすので、ダイエット中だからと言って我慢をするだけでなく、フルーツを食べてリフレッシュするのも良いでしょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ順・食べ方に関する記事

鍋ダイエットをするときの、鍋カスタマイズルール!これを守らなきゃダイエットになりません!

鍋を食べてダイエットするという方法があります。確かに、鍋はダイエットに向くか...

食べ方を変えて太らない食事を☆

  同じカロリーの食事でも、太る食事になるのか、痩せる食事になるのかは食...


飲み会ではこの食べ合わせに気を付けて!

  冬はただでさえ肌を露出することが少なく、痩せようという気持ちが薄れがちです...

これからの季節に栄養満点の鍋!でも落とし穴が!!

  段々と寒くなり、お鍋が美味しい季節になってきました。鍋は家でも簡単に出来る...

カラダノートひろば

食べ順・食べ方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る