カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 血液・血管 >
  5. 血友病 >
  6. 内出血が多い…子供にみられる内出血は血友病が原因かも。血友病とは?

育児・子供の病気

内出血が多い…子供にみられる内出血は血友病が原因かも。血友病とは?

83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_s.jpg

血友病は先天的な出血素因の中で最も多い病気です。

 

ほとんどが男性に見られ、女性は遺伝子の保因者となりますが、血友病とはどのような病気なのでしょうか?

 

血友病とは

生涯にわたり出血症状を繰り返します。
遺伝によるものが多いですが、突然変異にて家族に血友病を持つ人がいなくても発症する例も多く見られます。

 

血友病の分類と原因

血友病には血友病Aと血友病Bがあります。

原因は、止血をするのに重要な血液凝固因子の欠乏によって起こります。

そしてどの凝固因子が欠乏しているかによって分類されます。

 

症状は程度によって変わる

・重症の場合

乳幼児期の時に、ハイハイや歩くことによって、足や膝の関節に内出血や痛み、腫れを起こします。
また、粘膜や筋肉内に出血したり、血尿がでることもあります。さらに脳内に出血が起こる頭蓋内出血を起こすと、命に関わることもあります。

 

・中程度~軽症の場合

出血症状はあまりなく、外傷によって出血が止まりにくかったり、抜歯の時などに止血しにくいことで初めて診断されることもあります。
女性では、月経や出産時に出血がとまりにくくなります。

 

年齢によって出血する場所が異なる

乳幼児の場合は、皮下にできる内出血や、ケガをした後に血が止まりにくい症状が多いです。

 

学童期には、鼻血や歯肉からの出血が多いです。

 

思春期を迎える頃になると、身体に機能障害を起こしていなければ、次第に出血しにくい体へと成長するので、ほぼ健常者と変わらない生活を送ることができます。

 

治療方法

基本的に凝固因子製剤の投与により止血を図ります。早期に止血することが肝心です。

また、自分で注射をする家庭輸注療法などもあり、治療にとても有用です。

 

注意点

小さな傷は丁寧に止血をすれば問題ありません。
しかし、関節の腫れや痛み、筋肉内での出血、頭蓋内出血などは注意が必要です。特に頭部を打撲した後は注意しましょう。

 

 

現在では医療が発展し、昔より生活上の制限や学校での体育の授業などの制限も少なくなりました。

しかし、血友病を持つ子供の心のケアや積極的に活動できるように支援してあげることが大切です。
(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血友病に関する記事

出血して、血が止まらない!子どもの血友病の対処法…もしケガをしたら

転んでけがをして出血した時に、普通であれば血は止まりますよね。しかし、出血し...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

血友病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る