カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 生後2ヶ月の母乳・ミルク・混合授乳の方法は?ミルクへの切り替え時期も

育児・子供の病気

生後2ヶ月の母乳・ミルク・混合授乳の方法は?ミルクへの切り替え時期も

母乳育児・混合育児

赤ちゃんを完全に母乳のみで育てることを「母乳育児」、ミルクだけで育てることを「ミルク育児」、母乳とミルクの混合で育てる育児を「混合育児」と言います。

 

今回は、母乳・ミルク・混合育児のママのために、生後2ヶ月の赤ちゃんの授乳間隔・授乳時間・量をご紹介します。

 

また、母乳からミルク育児への切り替え時期についてもまとめたので、混合育児を検討しているママは、参考にしてみてください。

 

完全母乳(完母)での授乳

生後1ヶ月の赤ちゃんは母乳を吸う力が弱く、ちょっと飲むと疲れて眠ってしまいます。飲む量も少ないため、授乳時間・授乳間隔が短いです。

 

生後2ヶ月になると、口の周りの筋肉が発達してきたことで母乳を上手に飲めるようになり、授乳時間がだんだん短くなりますが、授乳間隔は少し長くなります。 

 

昼間の授乳間隔は1~3時間おき、授乳回数は1日8~10回ほどです。

一回の授乳時間は、左右10分ずつが目安です。

 

まとまって飲めるようになるので、4~5時間と長時間眠ってくれたときには、無理に起こして授乳する必要はありません。

 

母乳だと赤ちゃんが飲んでいる量が見えず、足りているのか心配になるママも多いと思います。

赤ちゃんの体重が1日25グラム以上増加していれば、栄養が足りていると考えて大丈夫です。

 

完全ミルク(完ミ)での授乳

生後2ヶ月の赤ちゃんは、食欲旺盛でミルクをたくさん欲しがります。

しかし、母乳と違い欲しがるだけ与えてしまうと栄養の摂りすぎになり、不必要な脂肪が体につき、肝臓や腎臓に負担がかかってしまいます。

 

ミルク缶に書かれた用量を守りましょう。

だいたいの目安は120ml~160mlを3時間おきに6回です。

 

ミルクと母乳の混合での授乳

混合育児の場合、母乳とミルクどちらをメインに飲ませるかによって、ミルクの量が変わってきます。

母乳が出にくく、ママの意思に反して混合育児にするケースもあるかと思いますが、完全母乳にとらわれることなく、赤ちゃんの成長、栄養面を考えて柔軟に対応しましょう。

 

母乳中心でミルクを足す場合

赤ちゃんが、たくさん吸ってくれることにより母乳は、出やすくなります。

そのため、母乳を先にあげて、足りないようならミルクを20mlずつ足してあげます。

 

ミルクを飲んだ後に赤ちゃんがミルクを吐く場合は、母乳で十分足りている可能性があるので、逆にミルクの量を徐々に減らしていきましょう。

 

ミルク中心で母乳を足す場合

まずは、ミルクを標準量を目安に飲ませます。

その後、母乳を飲ませます。

こちらは、お腹いっぱいだけれどスキンシップを取りたくておっぱいを吸っている場合です。

 

母乳から全量ミルクに切り替えたい時は、ミルクを飲ませる時も、おっぱいを飲ませている時のように抱っこして飲ませてあげると、赤ちゃんは安心します。

 

赤ちゃんにミルクが足りているかの判断材料

・赤ちゃんの機嫌 

 

・ウンチの回数

ウンチの回数が減っているなら、ミルクが足りていない可能性があります。

 

・体重

体重が順調に増加していれば、ミルクの量は標準量より少なくても心配ありません。

 

このように「母乳育児」「ミルク育児」「混合育児」と育児方法はいろいろありますが、いちばん大事なことは、赤ちゃんの成長と栄養面を考えることです。
無理をせず、あなたにあった育児方法を選ぶようにしましょう。

 

母乳からミルクへの切り替え時期は?

赤ちゃんの大事な栄養分となるのが母乳・ミルクです。
全て母乳のママもいれば、全てミルク・母乳とミルクを併用しているママもいます。

 

一概にどれがよいとは言えませんが、母乳・ミルク併用の場合、最初は母乳で後々ミルクに切り替えるママが多いようです。
いつ頃、母乳からミルクに切り替えたらよいのでしょうか?

 

母乳の必要な時期は最低1ヶ月

赤ちゃんはママの体の中から出てきて、さまざまなものに初めて触れます。
外の環境で生きていくための抵抗力を身につけるのが最初の1ヶ月で、この1ヶ月間は、できるだけ母乳で育てた方がよいと言われています。

 

母乳を飲むことである程度免疫力もつきますし、母乳は赤ちゃんの栄養の吸収に負担を与えないというメリットがあるからです。
 

2~3ヶ月目で、ミルクを併用

最初の1ヶ月ずっと母乳をあげていると、ママも疲れてきます。
赤ちゃんのためにほとんど眠らずに子育てをしているママも多く、ストレスから母乳が出なくなるママもいるくらいです。

 

2ヶ月目以降は、ママ側の体のことも考えて、少しずつミルクを併用していくのもお勧めです。
夜間の授乳の際に、ミルクを取り入れて様子を見るというママが多いです。

 

3~4ヶ月目でミルクへ

体験談などを見てみると、3~4ヶ月目で完全にミルクにしたというママが多いようです。
2~3ヶ月目のミルク併用で、徐々に赤ちゃんもミルクの味に慣れてきていますし、時期を見て完全にミルクに切り替えてみてください。

 

母乳育児とミルクでの育児を併用する場合、最低でも1ヶ月は赤ちゃんの免疫のために母乳をあげたほうがよいです。
その後2~3ヶ月目で母乳とミルクを併用、3ヶ月目以降でミルクに切替というママが多いようです。

 

(Photo by:写真AC

著者: マイリズムさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

授乳に関する記事

母乳育児がうまくいかないでもあきらめないで!母乳で育てたい、生後1-3ヶ月までの母乳育児

生後1ヶ月を過ぎてきた赤ちゃんは、徐々に目覚める時間も少しずつ増えてきます。...

沢山ある粉ミルク、どれを選べばいいの?使い分けるポイント

現代の粉ミルクは、種類がとても豊富になりました。各社から様々な種類が出ており...

授乳の体験談

生後11か月☆ミルクと離乳食のバランスに悩み中

三女、11カ月になりました! 1歳まであと1か月かぁ~と思いながら体重を計ってみたら・・・・あれ増...

おっぱいトラブル!乳首に白斑!!

現在、2歳になる息子は1歳2か月の卒乳まで完全母乳で育ちました。 私は初めての出産ではありましたが...

カラダノートひろば

授乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る