カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. おっぱいが張って痛い!赤ちゃんを起こさずにおっぱいの張りを対処するには?

育児・子供の病気

おっぱいが張って痛い!赤ちゃんを起こさずにおっぱいの張りを対処するには?

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

赤ちゃんが眠っているときに、おっぱいが張ってしまって痛くなることがありますよね。

おっぱいが張ったときには、赤ちゃんに飲んでもらうことが一番いいですが、すやすやと眠っている赤ちゃんを無理に起こすのは少しかわいそうな気がしますね。

かといって、張ったまま放っておくと、乳腺炎になる危険もありますので、そのままにはできません。

赤ちゃんを起こさなくてもおっぱいの張りを対処できる方法があれば、そうしたいですよね。

 

ここでは、赤ちゃんを起こさずにおっぱいの張りを対処する方法についてまとめてみました。

 

おっぱいの張りの対処法

冷やす

おっぱいが張ると、熱を持ちます。
ですから、冷やしてあげることで痛みを多少和らげることができます。

 

冷やし方

あまり急に冷やし過ぎると、母乳が出なくなってしまうので注意しましょう。

保冷剤を使う場合には、タオルなどでくるんでからおっぱいにあてるようにします。

 

搾乳する

しこりができて、ゴリゴリとしている部分がほぐれる程度の量だけ搾乳しましょう。

おっぱいの張りがほとんどなくなるくらいまで搾ってしまうと、またその分おっぱいは作られるために余計に張ってしまうことも!

搾りすぎないように気をつけてください。

搾乳したおっぱいがもったいないと思えば、哺乳瓶などにとっておいて、次の授乳時間に一緒に与えてもよいでしょう。

 

ストレッチする

背中や肩の血行をよくすることだけでも、多少痛みが和らぎます。
腕や肩を回したり伸ばしたりと、ストレッチをしてみてください。

 

未然に張りを防ぐ方法

1. こまめに搾乳する

ガチガチに張って痛くなってしまう前に、搾乳しておきます。

赤ちゃんが搾乳後におっぱいを欲しがった時に足りなくなったら…と心配な人は、搾乳したおっぱいはとっておいて、授乳のときに与えてください。

搾乳は、ある程度の張りが残っているくらいでやめてください。搾りすぎないようにしましょう。

 

2. 食事に気をつける

たくさん食べたり飲んだりすることは、おっぱいをたくさん作ります。
赤ちゃんがまとめて眠る時間帯の前の食事は、少し量を制限するなどして調整してみるとよいでしょう。

また、チーズなどの乳製品や脂っこい料理は、母乳トラブルになりやすいので、控えましょう。

 

赤ちゃんを起こさずにおっぱいの張りを対処したいと思ったら、ぜひ実践してみてください。

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

授乳することで起こる、乳房の変化!

    完全母乳で育てたいけど、母乳を飲ませると、乳首が黒くなる!とか、乳輪...

おっぱいのトラブル予防!赤ちゃんが飲みやすいおっぱいを目指す予防法

とっても眠いし、つらいこともある育児だけれど、幸せを感じる時間の一つが赤ちゃ...

トラブルの体験談

おっぱいトラブル!乳首に白斑!!

現在、2歳になる息子は1歳2か月の卒乳まで完全母乳で育ちました。 私は初めての出産ではありましたが...

母乳育児の難点・乳首トラブル

産まれる前までは、完全母乳でもミルクと混合でもどちらでもいいや~と考えていました。 でもなんとか母...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る