カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 添え乳で毎日寝かしつけ…母乳の飲ませ過ぎ?添え乳せずに寝かしつける方法

育児・子供の病気

添え乳で毎日寝かしつけ…母乳の飲ませ過ぎ?添え乳せずに寝かしつける方法

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

寝かしつけの方法は添え乳です、というママも多いでしょう。

ですが、添え乳で寝かしつけをしている場合、母乳の飲み過ぎになってないか心配なママもいるのではないでしょうか。

 

ここでは、母乳の与えすぎは問題なのかということや、添え乳の影響などについてまとめてみました。

 

「おっぱいは欲しがるだけ」は正しい?間違い?

ミルクは、1日に与える量が決まっているけれど、母乳は制限はありません。

「おっぱいは欲しがるだけ」というのは間違いではないのです。

 

月齢の低い赤ちゃんは、満腹中枢が未発達です。
そのため、どれだけでも与えられただけ飲んでしまいますが、その分うんちやおしっこで排出したり、吐いたりすることで調節しているのです。

また、おっぱいは消化が良く、1時間ほどで消化してしまいます。

 

ですから、「与え過ぎ」ということで悩む心配はありません。

 

添え乳中のおっぱいの量について 

添え乳で寝かしつけをしているとき、短時間であったり、ただくわえているだけのような状態である場合と、添え乳タイムにたっぷりと飲んでいる場合とがあります。

離乳食がすでに始まっていて、後者のたっぷりと飲んでいる場合には、少し改善が必要かもしれません。

というのも、添え乳のときにたっぶり飲むことによって、起きてからの離乳食を食べなかったりと影響が出る可能性があるからです。

そのような心配がある場合には、なるべく添え乳をやめて他の方法での寝かしつけに切り替えてみましょう。

 

添え乳しない寝かしつけ方法

月齢が上がってきていれば、授乳以外の寝かしつけ方法をみつけましょう。

 

・お茶や水を飲ませる

・背中トントン

・抱っこでゆらゆら

など、添え乳に頼らない方法で寝かしつけをしてみてください。

といっても、今まで添え乳だったわけですから、別の方法ですんなりと寝てくれる赤ちゃんの方が少ないです。

「根気」が必要と覚悟しておいてくださいね。

 

「母乳の与え過ぎ」ということはあまり心配いりませんが、添え乳は習慣化すると、後々ママが苦労します。
月齢が高くなったら、添え乳以外での寝かしつけ方法をためしながら添え乳卒業を目指してみましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳に関する記事

【乳児の育児体験談】授乳がうまくできなかったです

    「生まれるまではどんな出産になるかばかり考えるけれど、生まれると...

母乳をうまく吸わせるコツ!

    出産して、休む間もなく始まる次のお仕事!それは授乳です。生まれたばかりの...

母乳の体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る