カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. 保育園に通い始めて「おっぱい要求」が増えた!このままでいいの?

育児・子供の病気

保育園に通い始めて「おっぱい要求」が増えた!このままでいいの?

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3% 

おうちにいた頃は、だんだんと授乳回数も減ってきていたのに、保育園に通いだしてから「おっぱい おっぱい」と要求が増えてしまった!

 

夜中にも授乳で頻繁に起きるようになった…という人もいるようです。

 

 

この状態が続くようならば、思い切って断乳する方がよいのでしょうか?

 

今回は、保育園に通い出したなど環境の変化で、おっぱい要求が増えてしまった赤ちゃんの対処法についてまとめてみました。

 

ママに甘えたい願望

保育園に行っている間、ママと長い時間離れていることになります。

その寂しさを、おっぱいを飲む時間、つまりママとひっついていられる時間に求めているのかもしれません。

 

 

仕事のために保育園に預けているママにとっては、帰宅後はバタバタと家事などやることが多いかもしれません。

 

しかしそれは二の次にして、赤ちゃんとのひっつきタイムを設けてください。

 

 

おっぱいを求める、ということは、精神面でもまだその子にはおっぱいが必要だということなのです。

 

無理にやめさせる必要はありません。

 

 

ママとのスキンシップの時間として、帰宅後30分を大切にしてあげてください。そんな時期は、何年もないのですから。

 

いつまでおっぱいは続くの?

「いつかは自然におわるから」とはいいますが、実際はいつまでおっぱいは続くのでしょうか?

 

1歳半ごろにはやめた方がいいという意見もあれば、2歳すぎまで与えるべきだとする意見もあります。

 

さらには、3-4歳まで続けた方がいいという助産師もいるそうです。

何が正解なのか、わからなくなりますよね。

 

子どもとママが決めること

一番いいのは、子どもとママがそのタイミングを決めることです。

 

まわりがどう考えようと、一般的意見がどうであっても気にすることなく自分たちのタイミングで決めることが、本当の正解なのではないでしょうか。

 

保育園に通い始めたことで、ママと離れて子どもも頑張っています。

 

思いっきりママに甘える手段のひとつとして、おっぱい要求をしている場合がほとんどです。

 

わずかな時期のことです。

 

存分に要求に応えてあげてもいいのではないでしょうか。

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・幼稚園に関する記事

できれば入園前に知っておきたい!ママパパが心得ておきたい保育園の「病気マナー」

 保育園に通うようになって、仕事をしているパパママは、子どもから離れる時間が確保...

‘国立、公立、私立’幼稚園基本の3種類…それぞれの特徴とは?

保育園に入っていなかった子供たちにとっては、初めての集団生活の場になるのが幼...

保育園・幼稚園の体験談

想像より数万倍は大変!!甘く見ちゃいけない保活

9月生まれのわが子。保育園は1歳半になる再来年の4月でもいいかな~?やっぱり1歳までは自分でみたいよ...

産休明けで保育園入所するためにやっておくこと

出産前から情報収集と区役所へのアピール長男妊娠時は正社員だったので出産後にはすぐ復職が決まってました...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る