カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. ママも気になる!パパと娘の入浴タイム 何歳までなら大丈夫?

育児・子供の病気

ママも気になる!パパと娘の入浴タイム 何歳までなら大丈夫?

a0780_000630.jpg

子どもとの入浴タイムは、身体の成長を感じたり、日頃あったことを話したり、コミュニケーションがとれる楽しい時間のひとつですよね。
しかし子どもの成長と共に考えないといけないのが、何歳まで一緒に入るかです。
特にパパと娘の場合は悩むところです。
みんな何歳くらいまでお風呂に一緒に入っているのか?気になる疑問を調べました。

みんないつまで一緒に入っているの?

パパが得意な育児のなかで多くあがるのが、「お風呂に入れること」ではないでしょうか?
お風呂だったら任せて!というパパも多いのではないかと思います。
パパがお風呂に入れてくれると、ママもゆっくりお風呂に浸かることで、つかの間の一人の時間を持てます。

そんな赤ちゃんの頃からパパにお願いしやすいお風呂ですが、パパと娘の場合はいつか卒業するときがきます。

 

何歳までパパと一緒にお風呂に入る?

パパとしては楽しいお風呂の時間が終わってしまうのは淋しいものです。
「風呂文化研究会」の調べでは、パパと娘の場合、9歳まで一緒にお風呂に入る親子が半数、11歳になると大きく減って約10%になります。
中学入学の13歳では約1%になります。

やはり、生理が始まり、身体に変化が出てくる第二次性徴期あたりで一緒に入らなくなるようです。

ちなみにママと息子の場合は、11歳で20%以下、13歳では約1%となっています。

一緒にお風呂に入るといいことも!

うちも一緒にお風呂に入るのはあと数年か・・・とため息をついてしまったパパもいるかと思いますが、実は一緒にお風呂に入ることでいい点もあります。

 

1)ママの一人の時間が持てる

ママが一人でゆっくりお風呂に入れると、ゆとりやリラックスができて息抜きになります!

 

2) パパの育児への関わりが増える

育児の中でもパパが協力しやすい育児のひとつでもあり、パパが育児に協力しているという気持ちもアップします!

ここで自信がつけば、パパのイクメン度もあがるかも!?

 

3)子どもとコミュニケーションをとる機会が増える

普段仕事が忙しいと、子どもと話す時間も短くなりがちです。

お風呂では、いつもよりいろいろなことを話してくれるなんていう子も多いようです。


思春期以降も一緒にお風呂に入り続けた場合…

またこんなデータもありました。
思春期以降も一緒にお風呂に入り続けた場合、パパ・娘では娘の社会性が高くなり、ママ・息子では息子の男性らしさが減退して、今でいう草食系男子になる傾向があるようです。

因果関係は解明されていないようですが、娘の場合はママよりも普段コミュニケーションをとりにくいパパとお風呂でコミュニケーションをとる機会が増えることで、社会に出たあとも他人と協調できるのではないかと分析しているようです。

息子の場合は、ママと長くお風呂に入り続けることで異性を異性として見る本能が薄れてしまうのではないかと言われています。

ですが社会性があがるからと、パパと娘が思春期以降も一緒にお風呂に入り続けるのは、あまり一般的ではなさそうです。

 

気を付けなければいけないこと

一緒にお風呂に入ることで、気をつけなければいけないこともあります。
いつか一緒にお風呂に入ることを卒業しなければと思いつつ、先延ばしにしてしまうことは要注意です。
家族のなかで、誰かがパパ娘でお風呂に入ることによくないと感じるようになったら、きちんとやめましょう。
娘がいやがるようになったら、子離れのサインなんだと成長と見守りましょう!

パパ自身がだんだんと一緒に入ることに照れくささを感じる場合もあります。
この場合は、ママと協力して、お風呂に入る時間をずらし、一人で入る機会を増やしていきましょう!

ママやきょうだいがいやがる場合も

また、ママやきょうだいがいやがる場合もあります。

その場合は、いやがる理由を聞いて、これをきっかけに一緒に入ることをやめましょう。

そして意外と見過ごしてしまうのが、娘がいやがらないからとお風呂に入り続けてしまうことです。

パパが悲しむのではと気を遣ってしまい、一緒に入りたくないと言えないケースもあります。


そうすると性的な傷つきを感じて、トラウマにつながることもあるようです。
もしも思春期をむかえても一緒にお風呂に入っている場合は、一度ママから話を聞いみたほうがよいでしょう。

一緒にお風呂に入るのは日本独特の文化

また、日本では銭湯や温泉などでお風呂の文化がありますが、海外からみると日本のように親子でお風呂に入るということは性的虐待と考えられてしまいます。
一緒にお風呂に入るというのは、日本独特の文化なのかもしれません。

 

パパと娘が一緒にお風呂に入れるのも短い期間なので、ママは温かく見守りたいところです。
娘の身体の成長を感じたら、一度話し合いをして卒業の時期を考えましょう!

子どもとのコミュニケーションはお風呂でのみとれるものではありません。
一緒に入ることを卒業したら、パパとコミュニケーションがとれる機会を作りましょう!

 

(Photo by:足成

著者: りかてんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

ママが育児に疲れたときこそ、パパの出番!パパができる小さなこと

パパはたくさん働いて一家の大黒柱として頑張っていますよね。でもママも家族の大黒...

パパが子育てに参加しないと子供は自立しない!?ママとは違う育児スタイル

パパとママ、つまり男と女では、物事の考え方や捉え方などが根本的に違います。男女...

パパの育児の体験談

触れ合う時間を作る難しさ

パパが感じた事などを書いていきたいと思います 世のパパさんの共通の悩みだと思いますが、子供...

子供の中でのパパの役割

うちの子は生まれてからすぐに嫌なものは嫌、好きなものは好きと主張するところがありました^_^; ...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る