カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. 子煩悩パパに!パパ自らやるべきこと、ママがやってあげたいこと

育児・子供の病気

子煩悩パパに!パパ自らやるべきこと、ママがやってあげたいこと

a0001_000248.jpg

最近はイクメンという言葉も浸透してきて、育児雑誌にもパパの育児コーナーや特集が組まれることも少なくありません。
昔から考えると育児に協力的なパパも増えましたが、子どもとどう接したらいいかと真面目に悩んでしまうパパもいるかと思います。
ママとしては、パパに子どもと積極的にコミュニケーションを取ってもらいたいものです。

そして意外と知られていませんが、子どもが成長する上でパパと子どもが関わることは、子どもに大きな影響があり、とても大切だと言われています!
パパを子煩悩にして、子どもとパパを仲良くする術をご紹介します!

パパとの関わりが成長に大きく影響する!?

パパとの関係、パパの育児への関わりが、子どもにとってどんな影響をあたえるのでしょうか?

 

1) パパからの愛情をたくさん感じると人格も穏やかに

人類学者のロナルド・ローナー氏が世界中の家族について調査した結果、パパからの愛情が感じられず、拒絶されていると感じている子どもは、攻撃的になったり、非行に走ったり、自己評価が低くなったりと人格形成に問題があらわれやすいとしています。

人格形成においては、パパからの愛情がより大切なようです。

 

2) パパの育児が子どもの成しとげる力を育てる

子どもが何かを成しとげるために必要な力は、パパの育児法が影響すると言われています。

子どもを頭ごなしにしかって従わせることや、子どもに無関心でいることは、子どもの心を枯らしてしまいます。

時には強くしかる必要もあるかもしれませんが、子どもの気持ちに耳をかたむけ、こちらの考えていることも説明し、話し合いをしながら物事を進めることが子どもの成しとげる力を育てると言われています。

 

3) パパと長く過ごすと頭がよくなる

イギリスの心理学者の研究によると、パパと一緒に過ごす時間が多い子どもはIQがより高くなるとのことです。

パパと過ごすことが、頭の良さにもつながるとは驚きです!

 

4) パパと長く過ごすと、娘が思春期をむかえても性的問題を起こしにくい

ある大学の研究の結果、5~7歳頃までパパと一緒に過ごす時間長く、パパと娘が良好な関係を築けていると、思春期になっても性的問題を起こしにくく、第二次性徴期も遅くなるとそうです。

どうやらパパのフェロモンが関係しているのではと言われています。

 

 

パパがするべきこと

このようにパパと過ごすと子どもの成長にとっても、いいことがいっぱいです!
しかし子どもとうまく接することができないパパの場合、どうしたらいいか悩んでしまいます。

ママの場合は、妊娠・出産という長い時間をかけて育児をする準備をしているのかもしれません。
パパの場合、自分自身に変化がないので、育児へ関わるスイッチがママよりも入りにくいのかもしれません。

そんなパパですが、実は最近の研究では、子どもと長く過ごすとパパにもホルモンの変化が起きることがわかりました!

 

パパの育児スイッチを入れるには?

愛のホルモンと呼ばれるオキシトシンが増加したり、母性本能を高め、母乳の分泌をうながすプロラクチンが増加したり、男性ホルモンのテストステロンが減少するそうです。
パパも子どもと一緒にいると、育児スイッチが入りやすくなるようです!

まずはどう接したらいいかわからないパパは、子どもの好きなキャラクターや絵本、おもちゃなどを使って子どもと遊ぶ時間を増やしてみましょう!

またママからアドバイスをもらって、食事やお風呂のお世話をしたり、添い寝をしてみたり、出来そうなことから挑戦してみましょう!
とにかく一緒に過ごすことが重要です!

 

ママがやってあげたいこと

ママもパパが子どもと一緒に過ごしやすくできるようにサポートをしましょう!

・育児がうまくできなくても怒らない

ママのようにおむつ替えやお風呂、寝かしつけなどうまくできないのは当たり前です。

やり方が違うと口を出したくなりますが、ここは我慢。

手伝ってくれている気持ちに感謝しましょう。

 

・手伝ってくれたらとにかく褒める!

パパが育児をしてくれたら、とにかく褒めちぎりましょう。

誰でも褒められたら嬉しいものです。

褒められると自信もつくので、やる気もアップします!

 

・感謝の気持ちをきちんと伝える

パパが育児をしてくれたら、「ありがとう」「助かるよ」と感謝の気持ちを伝えましょう。

パパもまた手伝おうと思ってくれます。

 

・子どもの成長や日々の出来事を共有する

仕事で忙しいパパには、子どもの日々出来事を伝えて、より子どもを身近に感じてもらいましょう

パパも育児に関わっている感覚も持ちやすくなります。

 

・子どもにパパの存在の偉大さを伝える

パパは朝から晩まで、子どもとママのために頑張って働いてくれているんだよと伝えましょう!

子どももさらにパパのことが好きになります。

 

・パパと子どもが遊べる時間を作る

決まった時間にパパと遊ぶ時間に作るのもいいかもしれません。

またパパと2人で過ごす時間を作ってお出かけしてもらうのもいいです。

 

パパと過ごす時間が子どもの心身の成長につながります!

そしてパパを子煩悩に変身させるのも、一緒に過ごす時間の長さです!

ママはパパと子どもがたくさん一緒に過ごせるように手助けしていきましょう!

 

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

パパも仕事を一休みして子育てを!ママが専業主婦でもパパの育児休業は認められます

育児休業と聞くと働いているママだけの制度だと思っている人は大間違いです。パパも...

子ども&パパからママへプレゼントにいかが?疲れを癒す手作り入浴剤を子どもと作ろう★

毎日子育てに家事に疲れているママへ、パパとお子さんから“癒し”のプレゼントをし...

パパの育児の体験談

夫への不満。真のイクメンとはなんぞや??

一人目を出産した後、ずっとつけていた育児記録があります。 授乳やおむつ替え、離乳食の記録などをマメ...

かつおの子育て日記☆~パパはイクメン!?~

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中のかつおです! パパが仕事が休みの日に、週1回働...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る