カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食材 >
  5. 熱をとる食材と冷えをとる食材を使って体の不調を取り除こう!

健康診断・健康管理

熱をとる食材と冷えをとる食材を使って体の不調を取り除こう!

run-187758_640.jpg

ロイシンとは、必須アミノ酸の一種で以前から筋肉の維持や増加に最も必要なアミノ酸として知られていましたが、近年の研究でその作用は「遺伝子翻訳を促進させるシグナル伝達を行うため」であることが明らかにされました。

 

実際の多くの臨床試験においても、筋肉の維持効果は実証されており、「ロイシンの配合を2倍にした食事を摂取した場合、筋タンパクの蓄積量がその他のアミノ酸の2倍以上上回ったことがヒトを対象とした臨床試験で報告されています。

 

ロイシンの遺伝子翻訳に関わる機能とは?

BCAAはタンパク質の構成成分であると同時に、タンパク質代謝を調整する因子であることが知られていますが、BCAAの中でも特に、ロイシンのその作用が強く、タンパク質の合成を促進し、その分解を抑制することが多くの研究で明らかになっています。

またその機序については、近年の研究で、ロイシンがmTORと呼ばれるタンパク質リン酸化酵素を介して、タンパク質合成におけるmRNAの翻訳を強く促進することが明らかにされています。

またさらに別の研究では「筋肉の分解抑制機能がある」ことも明らかにされています。

 

<ロイシンを多く含む食品(100g当たり)>

・カゼイン:8400mg

・大豆タンパク:6900mg

・かつお:5900mg

・小麦タンパク:5400mg

・湯葉:4500mg

・高野豆腐:4500mg

 

「ロイシン」摂取による、マウス実験・ヒト臨床試験の結果は?

■ラットへのロイシン投与で、筋肉の分解が抑制されたという実験(J. Nutr. Biochem., 13: 121-127.)

 

【実験内容】

一夜絶食させたラットに、窒素源として必須アミノ酸又はロイシンのみの投与を行った。

  

【結果】

・筋原線維タンパ ク質の分解の抑制が認められた。

・ロイシンを単独でラットに経口的に強制投与した場合でも、この分解抑制が明確に認められた。

 

■ロイシンの摂取で、筋肉運動の機能改善が見られたという臨床試験(英国リーズ・ベケット大学とグラスゴー大学の研究グループ)

 

【試験内容】

25人(65~75歳)を対象に、L-ロイシン20%又は40%含有の必須アミノ酸(0.21g/体重1kg、平均摂取量11g~21g)、偽薬のいずれかを2回/日×12週間摂取してもらう。

  

【結果】

・L-ロイシン40%摂取群(8人)は除脂肪体重の改善/6分歩行の最大距離に中程度の効果/いすからの立ち上がり易さに効果が見られた。

・L-ロイシン20%摂取群(8人)は、いすからの立ち上がり易さに効果/6分歩行で中程度の効果が見られた。

 

【最後に】

このように、ロイシンは筋肉の合成促進に有効性があることが明らかになりましたが、一方で特定のアミノ酸の過剰摂取は、毒性が強く現われる可能性があり肝臓・腎臓の傷害に繋がる可能性もあります。

特に身体運動を行わずに過剰のBCAAなどを摂取することは避けるべきとされていることから、注意が必要です。

 

イミダゾールジペプチドの必要量は200-400mg!どんな食材で摂取するのがベスト?

イミダゾールペプチドは、肉体と精神の疲労の両方に効く成分です。研究によって、脳の記憶領域が委縮するのを防ぐ力があるのでは、との結果も出ています。

(参考:東京大学大学院 新領域創成科学研究科 肉類ペプチドに脳萎縮抑制効果・神経心理機能強化の可能性 //www.k.u-tokyo.ac.jp/info/entry/22_entry297/)

そんなイミダゾールペプチドの摂取量と、摂取方法、注意点を紹介します。

 

●200-400mgの摂取が目安

イミダゾールペプチドで体と心の疲労を十分に取るためには、1日あたり200-400mgの摂取が目安になると言われています。

イミダゾールペプチド400mgを、1つの食材で摂取するなら、鶏胸肉がお勧めです。

鶏胸肉60-100gにイミダゾールペプチド400mgが含まれているので、1人前でも十分なイミダゾールペプチド摂取につながるのです。

摂取する方法でおすすめなのは、鶏胸肉をじっくり煮込んだスープです。スープにすることが、イミダゾールペプチドの抽出には役立っていると言われています。

出来れば30分以上煮込んだものが望ましいので、じっくりことこと、鶏胸肉を煮込んでみましょう。

 

●ドリンクやサプリメントも存在

鶏胸肉で気軽に摂取できるイミダゾールペプチドですが、ドリンクタイプのものやソフトカプセルのサプリメントなども存在しています。

脳への効果はいまのところ、肉に含まれるイミダゾールペプチドで研究されており、ドリンクタイプやサプリメントでの研究はまだ発展途上です。

とは言えども、毎日鶏胸肉を食べるのは大変ですから、ときにはドリンクやサプリメントでのイミダゾールペプチド摂取を考えてみてもよいかもしれません。

 

鶏胸肉ほどの含有量ではないのですが、まぐろやくじらなどでも、イミダゾールペプチドは摂取できます。

これらの魚はお刺身でいただくことで、イミダゾールペプチドの力をしっかりと発揮できます。

 

冬瓜の皮や種は食べられるの!?むしろ皮や種こそ食べたい、冬瓜の嬉しい効果って?

夏のスーパーに、旬の野菜として「冬瓜(トウガン)」という野菜が置いてあることがあります。これは漢方にも使われるような、栄養豊富な野菜です。冬という文字が入るのは、冬まで保存が効く野菜であるためですが、その栄養を考えるならば、暑さがあるときに食べた方がよさそうです。

 

冬瓜は皮や種こそ食べたい!

冬瓜は日本でも昔から、民間療法的に食べられてきた野菜です。漢方においては皮や種が生薬として用いられています。日本では冬瓜の実の部分は、味をすってくれるので、よくスープに入れたり、煮物にしたりして使いますが、皮や種は捨ててしまうことが多いです。その皮や種にはどんな効果があるのでしょうか。

 

冬瓜の嬉しい効果1 皮の効果

冬瓜の皮は、水分代謝を助けてくれる効果があります。

夏は冷房環境などにいると、発汗作用がうまく働かなくなり、水分が体の中で滞ってしまうことがあります。水分代謝が良くなれば、体の中に必要のない水分がきちんと体の外に出てくれます。水分代謝が悪くなると、体の中の不要物がうまく体外に出されませんから、それが肌のトラブルにもつながります。

 

冬瓜の嬉しい効果2 種の効果

種にも皮と同様の利尿作用があります。

さらに種には、肌を白くしてくれる効果や、肌を柔らかくしてくれる効果があるとされています。紫外線によって肌への刺激が気になる夏は、こうした肌の状態をよくしてくれる効果は嬉しいですよね。

 

皮や種は十分に火を通すことで、十分にやわらかくなり食べることができます。皮や種を食べられれば、ごみが無くなりますしエコでもありますね。また、実の方にも、紫外線によってこわれやすいビタミンCが含まれていたり、ダイエットに適した食物繊維が含まれていますので、余すことなく食べてしまいましょう。

 

未病の状態に薬膳の力!熱をとる食材、冷えをとる食材を知って、体の不調を取り除こう!

夏の暑さは体力を奪います。病気とまではいかない体の不調は、東洋医学では未病という状態です。病気ではありませんから、病院に行って何かをしてもらえるわけではありません。しかし放っておけば本当に病気になってしまうかもしれません。そんな未病の状態に効くのが、薬膳です。

 

夏は人を不健康にする!

夏の暑さは、人の体に熱を蓄積させます。説によって体のエネルギー消耗が激しくなり、その消耗したエネルギーを補えなくなると夏バテの状態になってしまいます。

薬膳の考えでは体に熱が溜まったら、その熱を摂るものを摂る必要があるとされます。

また、最近は冷房病などのように、夏にかえって体の中に冷気をため込んでしまうということもありますので、その場合には体の中に熱を蓄えさせる食材を摂った方がよいということになります。

 

熱が溜まった体に摂りたい食材・生薬

体内の熱を発散させる

菊花・ミント・桑の葉・葛・ゴボウ

 

熱を冷ます

大麦・小麦・そば・はとむぎ

ゴーヤ・キュウリ・冬瓜・レンコン・セリ・セロリ・トマト・ナス・カブ・ゴボウ

梨・ブドウ・緑豆・緑茶・ハスの葉・金銀花

 

心熱を冷ます

ハスの実・スイカ・ゴーヤ・ユリ根

※金銀花(キンギンカ):スイカズラとも言い、熱を抑える効果のある生薬です。

 

冷えが溜まった体に摂りたい食材・生薬

体を温め、冷えをとる

からし菜・ネギ・ピーマン・ラッキョウ

カラシ・コショウ・山椒・生姜・トウガラシ・ニンニク・黒砂糖

羊肉・酒・紅茶・茴香・肉桂

 

※茴香(ウイキョウ):フェンネルとも言い、停滞しているものを動かし発散させるという生薬です。

※肉桂(ニッキ):シナモンとも言い、漢方薬でよく使用される桂皮の皮を指します。体表部を温める作用が強い生薬です。

 

生薬と言われると難しそうに聞こえますが、普段食べているものも多く含まれます。調子が悪い、不健康だと言った状態を放っておけば、当然体はどんどん悪い方へ傾いていきますから、こうした食べる薬、薬膳の力を借りて体を元気にしてみてはどうでしょうか。

 

(photoby:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

パセリには生活習慣病を防ぐ&改善する効果が!フラボノイド系色素「クロロフィル」について

   パセリは小さいながらビタミンやミネラル、フラボノイド系色素などを多く含ん...

ゴーヤにスズキにトマトにオクラ・・・夏バテに効く食べ物いろいろ

ゴーヤは夏の食べ物、ちょっと苦いけど、栄養価の高い食べ物ということは知られて...


がんの予防にも期待されているシークワーサー、健康効果のカギは皮にある!?

  普段シークワーサーを食べるでしょうか。料理に使ったりすることもあると思いま...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る