カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 骨・筋肉・関節 >
  5. 野球肘 >
  6. ジュニア期に発症しやすい野球肘…症状と治療法は? 野球肘を悪化させない方法

育児・子供の病気

ジュニア期に発症しやすい野球肘…症状と治療法は? 野球肘を悪化させない方法

%E9%87%8E%E7%90%83%E8%82%98.jpg

小学生以上の男の子で、放課後や休日などに野球をしているお子様は多いと思います。

スポーツをすることは体力づくりやストレス解消になってとてもいいですね。

 

ところで、「野球肘」という言葉をご存知でしょうか。

野球のピッチャーに多く発生する肘のスポーツ障害で、特に(小中学生の時期)に多く発生しやすい障害です。

 

ここではもしお子さまが「野球肘」と診断された場合の治療法や対処法について、まとめてみました。

野球肘の原因

野球のボールを投げるときに、肘や肩に過度の負担がかかることで発生します。

小中学生期はまだ骨が大人のようにしっかりとした硬い骨に完成されておらずやわらかいままなので、簡単にいろいろな障害をおこしてしまいます。

 

発症を防ぐためには、ボールを投げるときの手首が正しい角度になっているかをよく見る必要があります。

 

ボールがトップの位置に来たときに手首がほとんどまっすぐになっているか、手首が過度に手の甲側へ曲がっていないかを確認しましょう。

 

投球フォームはビデオ撮影をすると一時停止やスロー再生ができるのでわかりやすいです。

 

ちなみに「野球肘」というのは俗称であり、正確には「離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)」といいます。
野球をやっていなくても手首を酷使している子どもなら誰でもなる可能性があります。

 

野球肘の症状

まず、肘の内側に痛みを感じます。そして完全に肘を曲げ伸ばすことができなくなります。
ボールは投げられますが、痛みをともないますので、この症状が現れましたら早めに治療を行いましょう。

 

野球肘の治療法

野球肘の症状が現れましたら、まずは野球の練習などをお休みさせ、十分な休養をとらせましょう。

 

野球肘が悪化しますと日常生活にも支障が出てきます。
すぐに病院へ連れて行ってください。投球をお休みすることで、肘が回復していきます。

 

しかし、もしも野球肘の症状がかなり進行している場合は手術を行うこともあります。

手術後は長期のリハビリなどを経て、徐々に体を元に戻していきます。

野球肘を悪化させない方法

野球肘を悪化させないためには、
・普段の練習量のセーブ
・投球フォームの確認
・炎症を起こしていたらアイシング(患部を冷やしたり温めたりしてコンディションを回復させる)を行う
 などして、なるべく予防に努めましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

野球肘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る