カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. コミュニケーション障害 >
  6. コミュニケーション障害の子どもへの対処法!周りの大人ができる予防法って?

育児・子供の病気

コミュニケーション障害の子どもへの対処法!周りの大人ができる予防法って?

%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%EF%BC%92%EF%

子どもだけではなく、大人にも最近目立つようになった「コミュニケーション障害」とは、子どもの頃はどんな症状なのでしょうか。
できることなら、子どもの頃の他人との関わり方からコミュニケーションになれ、大人になるまでに克服してほしいと思いますよね。

コミュニケーション障害の子どもたちの特徴と、周りの大人の正しい関わり方についてご紹介していきます。

コミュニケーション障害の子どもの特徴

コミュニケーション障害とは、広汎性発達障害や、自閉症の子どもにも見られる、名前の通り「コミュニケーションを十分にとることができない障害のことです。

子どもたちに悪気はなく、ただ単に「他の人に興味がない」のです。ですから、友達と一緒に遊ぶよりも自分一人の方が楽しく、自由だと感じます。

また、友達と仲良くすることも求めておらず、集団の中で同じことをする、ということに違和感を感じています。

また、文章で意思を伝えることが苦手で、自分の思っている言葉を「単語」で伝えるという特徴もあります。

コミュニケーション障害の子どもへの対処法

どんな発達障害をもっているこどもでも、他のこどもと同じように話し、理解し、受け入れることは難しいことを分かってあげましょう。
そして、人と人と関わることが魅力的なことだと思ってもらえるように褒める、笑う、喜ぶなどの意思を出すようにしましょう。

そして、関わりのある人には、コミュニケーション障害があることを伝えるようにしましょう。
隠していると子どもにとってもやりづらく、大人にとっても「わがままでめんどくさい」などどいう印象を与えてしまいかねません。

コミュニケーション障害にならないために周りの大人ができること

コミュニケーション障害になる原因の1つに、周りの大人のコミュニケーションの取り方に影響をうけることがあげられています。

・こどもが話していることをさえぎってしまうこと

・子どもの意見を否定し、正しいことを受け入れさせる

・小さなことでも叱りつけ、いうことを聞かせる

このような対応を小さい頃から繰り返していると、コミュニケーション障害になりやすいと言われています。

小さい頃からコミュニケーションをとることが楽しいことだと思ってもらえるように、大人も心おだやかに関わってあげたいですね。

(Photo by:pixabay

著者: ゆきまるさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

コミュニケーション障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る