カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. チック障害 >
  6. チック症状をやめるように叱るのは逆効果!チック障害の症状と注意点

育児・子供の病気

チック症状をやめるように叱るのは逆効果!チック障害の症状と注意点

%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%EF%BC%92%EF%

チックとは、癖が日常的に激しく怒ってしまうような状態の症状がでる病気です。
癖はどんな子どもにも、もちろん大人にもみられるものですよね。
小さな癖が精神的な問題によって慢性化し、生活に支障をきたすこともあるのです。

ここでは、チック障害の症状・特徴・注意点についてご紹介します。

 

チック障害の診断と症状

チックの定義は、「ある限定されたせまい箇所に、突発的、不随意、無目的に急速な運動や発生が起こるもの」とされており、学童や思春期に多く見られます。

 

運動性チックとは

・特に風が強かったり、目にものが入っているわけではないのに、まばたきをする

・顔をしかめてみせたり、口をすぼめる行動が繰り返される

・肩を急にあげたりさげたりする

といった小さな症状のものから、

・急に飛び跳ねたりする

・静かに立ち上がり足踏みを始める

・足でものをけるような動きがある

など、全身を使っての運動もあります。

これらの動きは「運動性チック」と呼ばれます。


発生チックとは

それに対してもうひとつは「発声チック」とよばれるものです。

・風をひいたりしていなくても咳払いをする

・突然叫びだしたりする

・特定の単語を連発する(この場合、ほとんどが汚い、卑猥な言葉になります)

といった症状が見られます。

運動チックと発声チックはそれぞれが単発で起こることもありますが重複して起こることもあり、重症の場合、トゥーレット症候群とも言われています。

チック障害の原因と治療

原因としては脳の線状体の障害が考えられています。
以前までは「母子関係が重要な要因である」と言われてきましたが、研究がすすむにつれて脳の素質であるといわれるようになってきました。

治療は日頃から抱えているストレスを軽減させるよう、また人格の発達を援助するよう精神的なアプローチが行われます。

重症の場合は薬物の投与も行われます。

軽症の場合はさほど日常生活に支障をきたすこともありません。成長とともに消えていくこともあります。

親や保育者が、チックの症状をやめるように叱ったりすることは逆効果となります。
子どもが全身の運動を楽しんでできるような環境をこころがけることで、運動チックを起こさせないように配慮します。
また、興味を持ってなにかに集中できるような環境をつくることが効果的です。

(Photo by:pixabay

著者: ゆきまるさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

チック障害に関する記事

周囲の理解が必要!子供にチック症状が現れたら、気をつけること

チックとは、体の一部分または全身が自分の意識とは無関係に瞬間的に動いてしまう病...

子供の1-2割がかかるチック症の種類を知ろう

子供がかかりやすい病気の一つにチック症がありますが、具体的にはどのような病気...

チック障害の体験談

次女2歳がチック障害に?きっかけや原因、症状について

2歳3か月になる次女。 先日からまばたきが強いというか、ギュッ、ギュッという感じのまばたきをするよ...

カラダノートひろば

チック障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る