カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 発達障害 >
  5. うまくコミュニケーションが取れない…子どもの広汎性発達障害の3つの特徴

育児

うまくコミュニケーションが取れない…子どもの広汎性発達障害の3つの特徴

%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%EF%BC%93.jpg

広汎性発達障害とは、社会的にうまく行動したりコミュニケーションをとることができない子どもたちの病気の総称のことをいいます。
アスペルガー症候群や小児自閉症もこの広汎性発達障害に含まれます。

今回は、広汎性発達障害の症状、3つの特徴と注意点についてご紹介します。

広汎性発達障害の3つの特徴

広汎性発達障害の3つの特徴について下記で説明していきます。

1. コミュニケーションをとることが難しいこと

この障害を持っている子どもたちは、心の理論がうまく形成されておらず、自分と相手の考えていることや思っていることが自分と違っていたりすることが分かりません。
そのため、大人になっていくにつれてコミュニケーションの取り方が分からなくなっていきます。
幼少期には、言葉の獲得、発語が遅い、独り言が多い、相手の言うことをそのまま繰り返して意思疎通ができないなど、なんらかの兆候が見られます。

2. 対人関係の難しさ

周りとの壁ができてもそれを理解することができず悩むこともあります。
冗談や嘘を理解できず、また気を使う、ということもできないため、ちょっとしたことで傷つき、また友達を傷つけてしまうこともあります。
また、基本的に他人に関心がありません。
自分のすきなことや夢中になることしか頭にないこともあります。
とはいえ、友達のことがすきだと思えば、相手がどう思っていようが一直線に関わろうとするので距離感が近すぎていやがられてしまうと言ったこともあります。

3. こだわりが強いこと

様々な場面で自分の思いが強く、自分の思い通りにしようと強いこだわりを持つことが多いです。
自分の考えた順番ではなかった、自分の考えていた方法ではなかった、そんなときにはパニックになったりなんとか思い通りにしようと臨機応変な対応をすることができません。
また、自分の知らないこと、知らない場所にはつよい不安を表します。

広汎性発達障害の原因と対処法

現在の医学でははっきりとした原因は分かっていません。
ただ、染色体や遺伝子になんらかの情があり、先天的なものであると今は考えられています。

広汎性発達障害の子どもたちには、できないことを叱ったりすることはよくありません。
普通にできたこと、普通よりすこし上手にできたことを褒め、伸ばしてあげましょう。

対人関係では親や保育者が間に入り、お互いの気持ちを上手に伝えることがひ必要になります。

また、言葉で伝えることは非常に難しいことが多いです。なにか指示がある場合には視覚的なものを準備して伝えるようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発達障害に関する記事

子どもの1割が経験するというチック…このチックは何?発達障害の一種、トゥレット症候群

発達障害は様々な障害の総称で、具体的な症状名はたくさんあり、これらの障害の種類...

睡眠に関する困ったを解決しよう

    子どもの日常生活の中の困った行動の中には、発達障害の特性に起因す...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

発達障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る