カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. 自閉性障害(自閉症) >
  6. 早期発見が大切!赤ちゃんの自閉症の前兆を見つけるには?

育児・子供の病気

早期発見が大切!赤ちゃんの自閉症の前兆を見つけるには?

%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%EF%BC%92%EF%

自閉症は、こどもの個性のひとつです。

個性のひとつとして認めるのは分かっているけど、やはりできることなら早く気付いて、あとから出てくる障害を最小限に抑えたいですよね。

そこで大切になってくるのが早期発見。
自閉症としてうまれてきた赤ちゃんには、自閉症の前兆があるのか、ということが重要ですよね。

ここでは、自閉症の赤ちゃんがとる特徴的な行動をまとめました。

赤ちゃんの自閉症の前兆をみつけるために

赤ちゃんの自閉症は、3歳くらいになるまでは判断することが難しいと言われています。
それは、2歳半頃までは他の赤ちゃんと同じように、少しずつ、確かに成長して行くからなのです。

しかし、赤ちゃんによっては早くから前兆を見せる場合があります。

・生後3ヶ月頃のあかちゃん

赤ちゃんにとって「お母さん」は、一番安心してられる存在なのです。
でも、コミュニケーションをとることや人と関わることに障害がある自閉症のあかちゃんは、だっこをされたり、目を合わせることが嫌いになります。

授乳しているときに目が合わない、だっこしてと泣くこともないことがあると言われています。



・生後6ヶ月頃のあかちゃん

人見知りをして、お母さんと片時も離れることをいやがるこの頃の赤ちゃんですが、お母さんへの依存がなく、まただっこを求めません。
また、後追いをすることも見られず、泣かずに一人で遊んでいたりします。

・生後1歳頃のあかちゃん

1歳頃になると、ものを指差して自分の欲しい物を伝えたり、感動を伝えるようになるのですが、自閉症の赤ちゃんの特徴として、その指をお母さんの指を使って行うことがあります。
これを「クレーン現象」といいます。

いかがでしょうか?
自閉症と診断される前に、家で気になることがあれば
じっくりと、お子さんのことを観察してみてくださいね。

また、このような症状があっても自閉症だと確定するわけではありません。
成長はこども一人一人違うことは頭にいれておきましょう。

(Photo by:pixabay

著者: ゆきまるさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

自閉性障害(自閉症)に関する記事

4種類のてんかん発作

  てんかんとは脳の病気の一つです。 ●てんかんの症状 てんかんの症状...

育て方は関係ない?!広汎性発達障害「自閉症」の原因と治療法

  発達障害の中の広汎性発達障害に含まれる、自閉症。特徴について正しい知識...

自閉性障害(自閉症)の体験談

3歳で自閉症スペクトラムと診断。突然わが子が障害児と診断されたら

息子が3歳で自閉症スペクトラムと診断された医者には、 「お母さんがまず自閉症について勉強してくださ...

3歳を過ぎても気付かなかった。自閉症や発達障害の兆候

回るものが大好きで、コマをまわすのが凄く得意でした自閉症とは夢にも思わなかった私はわが子が自閉症や発...

カラダノートひろば

自閉性障害(自閉症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る