カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. メンタル >
  5. 反抗挑戦性障害 >
  6. ADHDの合併症として引き起こされる!?反抗挑戦性の3つのタイプ別症状

育児・子供の病気

ADHDの合併症として引き起こされる!?反抗挑戦性の3つのタイプ別症状

%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%EF%BC%91%EF%
9歳前後に最も症状がでるとされているのが反抗挑戦性障害といわれる障害です。
これは、半年以上にわたって、自分にとっていいことも、もちろん悪いことも、すべてに対して反抗的な態度で異常なまでに反抗的、攻撃的な姿勢を続けることが症状としてあげられる障害です。

家庭でも学校でも同じように見られ、生活に大きな障害を引き起こすこともあります。
ここでは、反抗挑戦性障害の症状・特徴・診断方法についてご紹介します。


成長とともに変わっていく症状

この障害は、ADHDと診断された子どもの約半数が合併症として引き起こすことが認められています。
自分の個性であるADHDを周囲に理解してもらえず、自分にとってわからない理由で怒られたり、否定的な言葉をかけられたり、さけられたりすることで心にキズを負い、自分を守るためにこのような行動、反応がでてしまうのです。
この障害を持ってさらに成長すると、実際にものを壊したり、相手に暴力をふるったりする「行為障害」に移行することもあります。

さらにすすむと「反社会的人格障害」となって、法律違反、犯罪行為を引き起こすのです。
行為障害に進展すると、治療は難しいとされています。

反抗挑戦性障害の3つのタイプ

1. 過興奮型

このタイプの子どもは、指示に素直に従うことがありません。
指示にしたがうことが自分にとって「敗北」を意味し、後回しにしたり、無視したりして結局は言われたことをしないのです。
「ごめんなさい」も言えません。

2. すね型

少しのことですぐに「できない」とすねる子どもです。
いったんすねるとなかなか元に戻ることができず、活動に参加することができません。

3. マイペース型

このタイプの子どもは、周囲と一緒に遊ぶことを嫌います。
ひとりでいることが多く、幼児期に集団に入れようとすると、強い反発、パニックに陥ることもあります。

反抗挑戦性障害の治療は?

この障害は、子どもの年齢的な成長とともに変化、進展していくので、早期治療が大切です。
まずは、親子関係の問題がないか、など、親子でも治療が行われます。
これをペアレントトレーニングと呼び、根本的な障害の原因になるようなことが見られれば専門家のアドバイスから改善を進めて行きます。
ADHDが背後に認められる場合は、その薬物治療が行われます。
この障害をもつ親子には、医療面でなく、教育、福祉など様々なネットワークを利用して治療が進められます。
通常の教育を受けられる場合ももちろんあります。
通信教育等で学習を進めて行く子どもたちも、もちろんいます。
その子どもにとって、どんな方法が一番負担の少ないのかを見極めることが大切です。

(Photo by:pixabay

著者: ゆきまるさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

反抗挑戦性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る